デヴィ夫人、シャーリー・マクレーンとは10代からの知り合いと告白

最新ニュース

デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
  • デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
  • デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
  • デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
  • デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
  • デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
  • デヴィ夫人/『トレヴィの泉で二度目の恋を』トークイベント
タレントのデヴィ夫人が1月22日(木)に行なわれた映画『トレヴィの泉で二度目の恋を』のトークイベントに出席し、シニアになってからの恋についての指南を行なった。

シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー主演の本作。妻を亡くして意気消沈していたフレッドは、娘のすすめでアパートを引っ越すことに。転居先の隣室には映画『甘い生活』のマストロヤンニとアニタ・エクバーグのようにトレヴィの泉に行くことを夢見る魅力的だが少し変わったエルサが住んでいた。徐々に2人は惹かれ合うようになるが、彼女が病に侵されていることが分かり…。

デヴィ夫人は「最近、こんなに感激した映画ってなかったです」と絶賛。「笑って笑って涙を流して…、普通のシニアのロマンスと全然違う! 奇想天外で(フレッドとエルサの)2人のキャラクターもかつてない!」と惜しみない称賛を送る。

実は、デヴィ夫人は半世紀以上前、18歳の頃からシャーリー・マクレーンと知り合いだという。デヴィ夫人がインドネシアのスカルノ大統領の元に嫁ぐ以前「アメリカ人のボーイフレンドがいた(笑)」とのことで、彼とシャーリー・マクレーンの夫である映画プロデューサーが知り合いで、当時、彼女は夫と共に何度も日本を訪れており「4人でよくダンスしました」と懐かしそうにふり返る。

ちなみにフレッドの娘婿を演じているクリス・ノースとも「20年くらい前にインドネシアで会ってる」とのこと。「当時は『俳優です』と言われて『ホントかな?』と思ったけど、その後『セックス・アンド・ザ・シティ』などに出て瞬く間に世界中が知ってる俳優になりました」と驚きを口にする。この日、夫人がトークゲストに呼ばれたのは、あくまでシニアの恋愛指南のためということで、その映画に2人も知り合いが出ているというのは全くの偶然だという。さすが元大統領夫人! と言うべき広い交流関係、人脈だが、夫人は「奇縁ですね…」と感慨深げだった。

劇中で展開するフレッドとエルサの恋を引き合いに、シニアの恋愛に関しては「とても素晴らしいことです!」と全面的に肯定。「人間は心に灯があった方が幸せ。人間は孤独には勝てないんです。話し相手や時間を共有する人、映画やTVを一緒に見る人、買い物に行く人がいることはこんなにも素晴らしいのかを思う。パートナーというのは非常に大事です」と強調。

もしも、年齢を重ねてから恋に落ちたらどんな風にアプローチをしたら? という質問には「想いは伝えなければ伝わらないですから」と相手に気持ちを伝えることの重要性を口にしつつも「テクニックと言うと語弊がありますが、インテリジェンスは必要。“主導権”を握るのが大事です。『この人と一緒にいたら楽しい』『また会いたい」という気持ちを起こさせる、自分に目を向けさせることが大切です」と熱く語っていた。

『トレヴィの泉で二度目の恋を』は1月31日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top