リンジー・ローハン、チクングニア熱感染で一時入院

リンジー・ローハンがめずらしいウィルスに感染し、ロンドンで一時入院した…

最新ニュース
リンジー・ローハン-(C) Getty Images
  • リンジー・ローハン-(C) Getty Images
  • リンジー・ローハン-(C) Getty Images
  • リンジー・ローハン-(C) Getty Images
  • リンジー・ローハン-(C) Getty Images
リンジー・ローハンがめずらしいウィルスに感染し、ロンドンで一時入院した。

リンジーは昨年末、休暇で訪れていたボラボラ島で蚊を媒介にするチクングニア熱ウイルスに感染、発熱や関節痛、疲労感に苦しんだという。

潜伏期間は2日から2週間程度で、リンジーも休暇中から体調を崩し、インスタグラムにジェットスキーを楽しむ自分の画像を投稿して「チクングニアに感染する前」とキャプションをつけていた。

リンジーはその後も「病気になるなんてつまらない」「ゆったりした休暇がウイルスに台無しにされるなんて、お断りよ」などとつぶやき、ボラボラ島からロサンゼルスに向かったが、ロンドンに戻った時点で高熱と関節痛を訴え、21日(現地時間)、キング・エドワード7世病院に入院した。その後、熱が下がってリンジーは退院したが、母のディナさんがロンドンに向かっているという。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top