橋本愛の食べっぷりを「キャイ~ン」天野&北斗晶ら絶賛『リトル・フォレスト』

映画

橋本愛・主演作『リトル・フォレスト 冬・春』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 橋本愛・主演作『リトル・フォレスト 冬・春』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 橋本愛・主演作『リトル・フォレスト 冬・春』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 橋本愛・主演作『リトル・フォレスト 冬・春』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 橋本愛・主演作『リトル・フォレスト 冬・春』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 橋本愛・主演作『リトル・フォレスト 冬・春』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 愛情注いで料理を作る、橋本愛/『リトル・フォレスト』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 橋本愛/『リトル・フォレスト』-(C)リトル・フォレスト製作委員会
  • 『リトル・フォレスト』夏秋ポスター-(C)リトル・フォレスト製作委員会
橋本愛が岩手県の山村でオールロケに挑んだ映画『リトル・フォレスト』。その後編となる『冬・春』から、橋本さんが手作りまんじゅうやパスタをおいしそうにほおばる場面写真がシネマカフェに到着。また、天野ひろゆき(キャイ~ン)、北斗晶など料理上手なタレントや平野レミら料理研究家が、橋本さんの“作り、食べ、生きる”姿をとらえた本作に絶賛のコメントを寄せていることが分かった。

里山の自然の情景と、旬の素材を使った料理。生きるために食べ、食べるために作る、そんな全てがひとつながりになった暮らしを描いた『リトル・フォレスト』。本作は、約1年間に渡って奥州市衣川区でオールロケを敢行した春夏秋冬の4部作の完結編。世界各国より「食」にまつわる良作を選出し、世界の美食家からも注目されている第65回ベルリン国際映画祭「キュリナリー・シネマ」部門にも正式招待されている。

夏と秋を経て、美しくも厳しい冬が来ても、主人公・いち子(橋本愛)は、かつて母(桐島かれん)と暮らした小森地区の家で相変わらずの日々を送っていた。その一方で、突然失踪してしまった母との関係、いち子がひとりで小森に暮らすようになったいきさつが明かされていき、自分を見つめ直し、一人の女性として成長する姿が描かれていく。

今回到着したのは、橋本さん演じるいち子が、塩マスやノビルと白菜・蕾菜の入ったパスタや、あつあつのおまんじゅうを美味しそうに食べているシーン。野村友里が主宰する「eatrip」がフード・ディレクションを担当した料理の数々は、素朴さの中にもさまざまな工夫が凝らされ、観ているだけでお腹が鳴りそうに。

その土地で採れた旬の食材を使い、手間ひまをかけて作る料理やいちこの姿に、料理上手なタレントや料理研究家も絶賛の声を贈っている。


天野ひろゆき(キャイ~ン)
料理は加減が大事だ。火加減、塩加減、この映画は、人と自然、人と食、人と人の関係を絶妙な加減で描いている。

北斗晶(タレント)
本当の幸せは健康で美味しい物を食べられること。美味しい食べ物は、人を笑顔にしてくれる。この国に生まれたことの幸せは四季があること。一緒に食べる気になって思わず笑顔がこぼれてしまう。不思議で温かい映画でした。

森崎友紀(料理研究家)
食べることは、生きること。生きることは、食べること。シンプルにみえて、実は複雑なことなんだと思い知らされる。

平野レミ(料理研究家)
四季の移り変わりを食べ物が教えてくれます。何でも買える便利な時代になって、失われていく昔ながらの保存や調理法を伝えたり教わることは大事。この映画は、素材からお料理を作る喜びや楽しみを教えてくれます。

『リトル・フォレスト 夏・秋』は1月28日(水)よりDVD&BDリリース。
『リトル・フォレスト 冬・春』は2月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top