真野恵里菜、『パトレイバー』公開に感慨と寂しさも「今日は泣きません!」

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』が5月1日(金)に公開を迎え、押井守監督を始め、筧利夫、真野恵里菜、福士誠治、太田莉菜…

最新ニュース
真野恵里菜/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 真野恵里菜/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 筧利夫/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 真野恵里菜/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 太田莉菜/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 森カンナ/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 押井守監督/『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
  • 『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』初日舞台挨拶
『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』が5月1日(金)に公開を迎え、押井守監督を始め、筧利夫、真野恵里菜、福士誠治、太田莉菜、田尻茂一、堀本能礼、しおつかこうへい、藤木義勝、千葉繁、森カンナ、高島礼子の総勢12名がそろって舞台挨拶に登壇した。

メディアミックス戦略の先駆けとして漫画、アニメなどで1980年代後半から展開してきた人気シリーズの完全実写プロジェクトで、7編のイベント上映に続く長編映画となる本作。人間型ロボット“レイバー”を操る警視庁特車二課が、自衛隊から強奪された最新鋭ヘリコプターによるテロと対峙する。

撮影は2年前から、企画に至っては3年もの歳月を費やして進められてきた実写版『パトレイバー』シリーズも本作の公開を持って一区切りとなる。“隊長”筧さんは、おなじみの選挙演説調の大音声で「この作品は我々だけのものではなくみなさんのもの。みなさまに捧げます!」と語り喝采を浴びる。

長く泉野明を演じてきた真野さんは映画の公開に「寂しい思いもあります」と本音を吐露。「歴史が長いこの作品がこのタイミングで実写化されてお話をいただくということに運命や縁を感じていました。最初は不安でいっぱいでしたが、押井さんが選んでくださったからには、自分にしかできない明をやろうと思いました」と語る。この日は久々に特車二課の面々が勢揃いしたが、真野さんは「このメンバーはいつまで経っても“戦友”です。こみ上げてくるものがあります…」と感慨を口にする。筧さんからは「泣け!」という“指令”が飛んだが、真野さんは「今日は泣きません!」と笑顔で作品を送り出した。

福士さんは初日を迎え「朝、押井さんに初めて会ったときのことを思い出しました。奇跡のように3年が過ぎました」としみじみ。太田さんは「長かったような短かったような…。今日で一区切りという感覚がなく、いまも実感がわきません。胸がいっぱいです」と語った。

押井監督も「長い仕事になりました。『パトレイバー』から離れたことのない3年でした」とこの3年を述懐。今回の長編に関しては「珍しく大サービスしています。日本映画でこんなにいろいろとてんこ盛りにした作品は僕にとっては初めて」と本作への特別な思いと自信を口にする。真野さん、太田さん、森さん、高島さんら“女の戦い”を打ち出している本作だが、押井監督は「一番怖かったのは?」という質問に「うーん…」と考え込みつつ、「では一番好きなのは?」と尋ねられると「あ、高島さんです」とレギュラーの真野さん、太田さんをあっさりと袖にして即答し、会場は笑いに包まれた。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top