書家・紫舟が“感情”を“漢字”で表現!『インサイド・ヘッド』ビジュアル完成

『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』など大ヒット作を世に送り出したディズニー/ピクサーの最新作『インサイド・ヘッド』

映画
ヨロコビ=「喜」『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ヨロコビ=「喜」『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • カナシミ=「悲」『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • イカリ=「怒」『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ビビリ=「怖」『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ムカムカ=「嫌」『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』-(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『インサイド・ヘッド』  -(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • “ヨロコビ”役・竹内結子&“カナシミ役・”大竹しのぶ/『インサイド・ヘッド』-(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』など大ヒット作を世に送り出したディズニー/ピクサーの最新作『インサイド・ヘッド』。このほど、本作の主人公となる少女・ライリーの頭の中で息づく“感情”たちを、書家でアーティストの紫舟が描いた“漢字”ビジュアルが完成した。

今年7月に公開される『インサイド・ヘッド』は、その名のとおり、誰もが持っているのに誰も見たことがない、無限に広がる“頭の中”の世界を描く。住み慣れた土地を離れ、慣れない新生活を始める11歳の少女ライリーの中にいる“5つの感情たち”――「楽しい気分にする“ヨロコビ”、 悲しい気分の時に現れる“カナシミ” 、怒りを爆発させる“イカリ” 、嫌いなものから守る“ムカムカ” 、危険から身を守る“ビビリ”が予想もつかない冒険を繰り広げる、驚きと感動の物語となる。

そんな彼ら主人公たちが担当する感情を、日本人にもなじみ深い漢字で表現したのが、書家でアーティストの紫舟さんだ。ディズニーの担当者が、「我々は日々、“感情”表現に文字を使います。その文字に感情や表情をこめて世界に発信する紫舟さんの書のスタイルをもって、 主人公の“感情”たちを表現していただきたいとオファーしました」と語るとおり、そのビジュアルを見るだけで、それぞれがどんなキャラクターなのかすぐに理解することができる。

日本の伝統的な文字に内包される表情や感情を書を通じて引き出し、アートとして世界に発信する傍ら、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字やTVCM、海外の国際会議での招待公演など、各方面でその才能を発揮、「いつかハリウッド映画のタイトルを書きたい」という夢をもつ映画好きでもある紫舟さん。今回のオファーについて、「漢字は、ひとつの意味だけでなく、複数の意味を持っています。制作時は、映画に出てくるそれぞれのキャラクターがもつ感情の体現化に努めました」と語り、5つの感情たちを以下のように表現したという。

“ヨロコビ”=「喜」 太陽のように明るく朗らかな気持ち、赤ちゃんが生まれた時の一番最初の感情といわれる「喜」を表現
“カナシミ”=「悲」 悲しみがあることによって喜びが大きくなる。感情として必要で、いとおしくなる「悲」に表現
“イカリ” =「怒」 ポジティブで正義を貫き、よい方向に導く感情としての「怒」。怒っていても、愛らしくも感じられるよう表現
“ビビリ”=「怖」 怖=繊細で危険に気づくのが早い。「石橋を叩いて渡る」という言葉のように、安全でいるための役割を果たす「怖」。
“ムカムカ”=「嫌」 嫌いなものを事前に察知して拒絶することで人を守り幸せに導く「嫌」

紫舟さんが生み出した“漢字”ビジュアルは、本日5月1日(金)より全国劇場にて順次掲出されていくとのこと。それぞれ見事に表現された感情のビジュアルに、作品への期待も膨らむばかりだ。

『インサイド・ヘッド』は7月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top