ハーレイ・ジョエル・オスメント、11年ぶりに来日決定! 喜びのコメントも到着

人間とセイウチの禁断の“新たな関係”を描くセイウチ・ホラー・エンターテイメント『Mr.タスク』。本作で主人公の親友役を演じ、“激変”劇中ビジュアルや予告編映像の公開でも大きな話題を呼んだ、かつての天才子役

映画 洋画ニュース
ハ―レイ・ジョエル・オスメント/『Mr.タスク』 (C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
  • ハ―レイ・ジョエル・オスメント/『Mr.タスク』 (C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
  • ハ―レイ・ジョエル・オスメント/『Mr.タスク』 (C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
  • マイケル・パークス/『Mr.タスク』 (C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
  • 『Mr.タスク』ティザーポスター (C)2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc. All Rights Resereved.
人間とセイウチの禁断の“新たな関係”を描くセイウチ・ホラー・エンターテイメント『Mr.タスク』。本作で主人公の親友役を演じ、“激変”劇中ビジュアルや予告編映像の公開でも大きな話題を呼んだ、かつての天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメントが、6月におよそ11年ぶりに来日を果たすことが決定! 本人から喜びのコメントも到着した。

あることがきっかけでセイウチに執心している謎の老人ハワード・ハウ(マイケル・パークス)は、人体をセイウチに改造することを長年夢みていた! そんなとき、彼の目の前に現れたのは、ポッドキャストの番組のネタを探しに来たウォレス(ジャスティン・ロング)。果たして、彼の運命や、いかに――。

『ザ・フライ』のハエ人間や、『ムカデ人間』、そして『武器人間』に続く、斬新な禁断のコラボとなる本作。ハーレイが演じるのは、行方知れずになったウォレスを探す友人で、彼とポッドキャストを運営するオタクのテディだ。

ハーレイといえば、1988年、米カルフォルニア州生まれ。4歳から子役として活躍し、『フォレスト・ガンプ/一期一会』で映画デビュー。99年『シックス・センス』(M・ナイト・シャマラン監督)では11歳にしてアカデミー賞「助演男優賞」にノミネート、2001年には『A.I』(スティーヴン・スピルバーグ監督)でも注目を集めた。本作では、はかなげなカリスマ子役の面影はどこへやら!? オタクになりきり、コミカルな演技を披露する。

本作のプロモーションにと来日を打診した配給会社の武蔵野エンタテインメントによれば、「まさか、本当に来てもらえるとは思っていませんでした。しかもハーレイ君ほどのハリウッドスターにミニシアターで舞台挨拶をしていただくなんて…本当に大丈夫なのでしょうか…!?」と語っており、ビッグスターの快諾に驚きを隠せない様子。

そしてハーレイ自身も、『ウォルター少年と、夏の日』以来11年ぶりとなる来日に際し、「1994年~2004年の間に訪れた日本での記憶は、海外でのプレスツアーの中でも最も好印象なものばかり。どこへ行っても、素晴らしい人々に迎えられ、世界のどことも異なる最高の景色を観ることができた。日本での『Mr.タスク』の宣伝や、僕のことを応援してくれているファンと再会できることをとても楽しみにしているよ」と、期待のコメントを寄せている。

来日は6月25日(木)&26日(金)で、終日『Mr.タスク』のプロモーションを行い、26日の夜には、新宿シネマカリテにて「カリコレ2015」のクロージングを飾る本作の舞台挨拶を行う予定という。

『Mr.タスク』は7月18日(土)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイント(レイト)ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top