“カレー界の権威”生田斗真、自炊をしなくなった理由を明かす

映画『予告犯』で次々と犯罪を行なう犯人グループ“シンブンシ”のメンバーを演じている生田斗真、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々が5月12日(火)、“予告犯”ならぬ“予告飯”イベントに出席し、キーマカレー作りに挑戦した。

最新ニュース レポート
荒川良々、鈴木亮平/『予告飯』“予告飯”イベント
  • 荒川良々、鈴木亮平/『予告飯』“予告飯”イベント
  • 鈴木亮平/『予告飯』“予告飯”イベント
  • 濱田岳/『予告飯』“予告飯”イベント
  • 荒川良々、鈴木亮平/『予告飯』“予告飯”イベント
  • 荒川良々、鈴木亮平、濱田岳/『予告飯』“予告飯”イベント
  • 鈴木亮平/『予告飯』“予告飯”イベント
  • /『予告飯』“予告飯”イベント
  • 荒川良々、鈴木亮平/『予告飯』“予告飯”イベント
映画『予告犯』で次々と犯罪を行なう犯人グループ“シンブンシ”のメンバーを演じている生田斗真、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々が5月12日(火)、“予告犯”ならぬ“予告飯”イベントに出席し、キーマカレー作りに挑戦した。

筒井哲也の人気漫画を原作に、警察や法によって罰せられない人間たちの罪を暴露し、ネットで予告した上で、彼らへの制裁を行なっていく犯行グループと、彼らを追うエリート捜査官の戦いをスリリングに描く本作。“シンブンシ”のメンバー全員がカレー好きであり、彼らが悪人たちに激辛の制裁を下すことにちなんで、この日、生田さんら4人はスパイスの効いたキーマカレーを作ることに。

ひらがなで「とうま」「りょうへい」「がく」「よしよし」と名前が書かれたおそろいのエプロン姿で登場した4人だが、料理の腕前は…? 鈴木さんから「カレー界の権威」と称され、「カレーは毎日食べたいくらい大好き」と語る生田さんだが「料理はしないので外に食べに行くのが専門」とのこと。以前は自分で作っていたそうだが「ひとりで買い物に行って、作って、食べて、洗って…というのが虚しくなって卒業した」と明かす。

鈴木さんも「カレーは大好きですが、家で作って1回も上手くいった試しはない…」とのこと。それでも、普段から料理をすることはあるようで「バナナ納豆トースト」という自作の料理を明かし「ちょっとハチミツを垂らすとウマい! チョコバナナの味がします」と熱く語り、笑いを誘っていた。この日はタマネギやニンニク、ショウガなどを炒めるのを担当したが、生田さんや濱田さんからたびたび「さすが“天皇の料理番”」と出演中のドラマに絡めてイジられつつ「料理はしてない! (主人公の料理人の)お兄ちゃんだから!」と否定し、会場は笑いに包まれていた。

この日のカレーは本格的なキーマカレーということで、スパイスの選択・焙煎から4人が順番に刻む、炒めるなどの行程を担当し、徐々にスタジオにはいい香りが漂い始める。生田さんはひき肉に下味付けをし、炒めるのを担当。跳ね返る油に「熱っ!」と慌てつつも鮮やかな腕前を見せる。

最後に辛口好きの生田さんが、味見をしつつスパイスを加え、微妙なさじ加減で味付けを行ない、キレイに盛り付けて完成! 男性4人と先生の5人分にはややカレーが足りないというハプニングもありつつ、おいしそうなキーマカレーが出来上がり、4人は楽しそうに実食を行なった。

“カレー界の権威”である生田さんも自身が作ったカレーに「ウマい!」と満足げにうなずき「66点くらいかな? 6月6日に『予告犯』公開です!」と映画と絡めて採点するなど口も滑らか。それでも、犯罪グループの男4人での料理づくりに「おいしいし、仲間と作って楽しいけど、やっぱり女の子に作ってもらいたい…。(共演の)戸田(恵梨香)さんが作ってくれたら最高ですね…」と異性の手づくり料理に対する願望を漏らし、会場は再び笑いに包まれた。

『予告犯』は6月6日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top