【特別映像】ポスト“オーリー”!? ブレントン・スウェイツがコメント『シグナル』

来る2017年公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作にて、おなじみジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの新たな相棒ヘンリー役を演じることが決まった、オーストラリア出身の若手俳優

映画
ブレントン・スウェイツ、コメント到着/『シグナル』-(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved
  • ブレントン・スウェイツ、コメント到着/『シグナル』-(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved
  • 『シグナル』-(C)2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved
  • ブレントン・スウェイツ『シグナル』-(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved
  • 『シグナル』-(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved
  • ブレントン・スウェイツ『シグナル』-(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved
来る2017年公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作で、おなじみジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの新たな相棒ヘンリー役を演じることが決まった、オーストラリア出身の若手俳優ブレントン・スウェイツ。その主演最新作となる『シグナル』がこの5月15日(金)より日本公開されることにあわせ、劇中とは一転、髪を伸ばして爽やかさ全開のブレントンから独占コメントが到着した。

『シグナル』は、度胆を抜く展開と結末で2014年のサンダンス映画祭を沸かせた、『第9地区』『クロニクル』を凌ぐといわれる新感覚SFスリラー。ハッキングを受けたマサチューセッツ工科大学(MIT)に通う学生たちが、“何か”と接触したため“感染”が疑われ、政府によって隔離。やがて、彼らに思いもよらない力が発動するのだが……。

そんな本作で堂々の主演を務め、MITに通う秀才学生ニックとして、次々と迫りくる不可解な出来事に立ち向かう勇敢なキャラクターを演じているのが、ブレントン。オーストラリア出身の25歳で、『マレフィセント』の麗しきフィリップ王子役で一躍注目を浴び、西オーストラリアを舞台にしたユアン・マクレガー共演『ガンズ&ゴールド』などに出演。先日は、大ヒットシリーズの最新作『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』(原題)への出演が決まったばかりだ。

彼が新たに務めるジャック・スパロウの相棒役といえば、かつてオーランド・ブルームがシリーズ第1作から務め、当時まだ若手だった彼を押しも押されもせぬトップスターへとのし上げた黄金のポスト。つまり、ブレントンが第2の“オーリー”になる日も遠くないということだ。




コメント映像では、劇中の雰囲気とは打って変わって、ブルーのGジャンにはだけたシャツが目にまぶしい姿で登場! まずは、爽やかさ全開で茶目っ気たっぷりに挨拶。出演の動機について、「ハリウッド的な結末の映画が多い中、『シグナル』は正反対だった。だから挑戦しなきゃと思ったんだ」と語り、自身にとって意欲作であることを伺わせた。

また、彼ら学生たちを施設に隔離する政府の研究員を演じた『マトリックス』のローレンス・フィッシュバーンとの共演については、「怖かった。神経がすり減ったよ」と、大物相手に緊張したことを正直に告白。だが、あるとき、長台詞の撮影でナーバスになっていた彼に、ローレンスが「リラックスしろ」と語りかけてくれたそうで、「あの言葉のおかげで撮影ができた」と嬉しそうにふり返っている。

まさにブレイク前夜ともいえるブレントンを、まずはこちらの映像からチェックしてみて。

『シグナル』は5月15日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top