RADWIMPS野田洋次郎、初の舞台挨拶は「違和感」 主演作『トイレのピエタ』に佐藤健も!

最新ニュース

野田洋次郎/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 野田洋次郎/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 松永大司監督、杉咲花、野田洋次郎、リリー・フランキー、市川紗椰/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 野田洋次郎/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 杉咲花/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 市川紗椰/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 野田洋次郎/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • リリー・フランキー/『トイレのピエタ』完成披露試写会
  • 杉咲花/『トイレのピエタ』完成披露試写会
ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が5月21日(木)、都内で行われた主演作『トイレのピエタ』(松永大司監督)の完成披露試写会に出席し、「違和感ですね。力をどこに込めたらいいのか…、不思議な感じ」と初の舞台挨拶に対し、率直な感想を語った。

また、この日は野田さんと親交が深い俳優・佐藤健が本作に出演していることが情報解禁された。佐藤さんは、野田さん演じる主人公が入院する病院で働く清掃員役で出演し、共演を果たしており、「野田さんから、映画に出演するという話を聞いていて、今回少しですが参加できたのが嬉しいです。脚本を読ませて頂いて、すごく素敵な話だと思いました、野田さんの感性で、そのまま、自然なまま出ていけばきっといい映画になると思いました」とコメントを寄せている。

“マンガの神様”手塚治虫がこの世を去る直前まで綴っていた病床日記にインスパイアされ、映画化へと至った本作。画家への夢を諦めてフリーター生活を送っていた宏(野田さん)が、余命3か月と告げられ、人生最期の夏を迎えたある日、彼の前に純粋な女子高生・真衣が現れて…。

「人生にとって、かけがえのない作品になった。ぜひ世に出てほしいと思った作品なので、今日は嬉しいです。脚本に出会い、出演したいと思った直感を信じて良かった」と感無量の野田さん。「ものづくりと言っても、やはり音楽とは全然違う。映画はあくまで監督のもので、僕の人生をお貸ししている感覚。監督がもがく姿を、まるで責任を放棄したように(客観的に)見られるというのも貴重な体験だった」と独自の感性で、撮影をふり返った。

また、主題歌「ピクニック」も手がけており、「監督や共演者の皆さんから受け取ったエネルギーの愛おしさを、忘れたくなくて、焦りながら、でもじっくりと曲に残した」と語っていた。完成披露試写会には野田さんと松永監督をはじめ、共演する杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰が出席した。

『トイレのピエタ』は6月6日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top