「EXO」チャンヨル、不器用おじいちゃんの“初恋”応援で映画デビュー!

『マイウェイ12,000kmの真実』『ブラザー・フッド』で知られる、韓国の名匠カン・ジェギュ監督最新作『チャンス商会』が『チャンス商会~初恋を

韓流・華流
『チャンス商会~初恋を探して~』 (c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『チャンス商会~初恋を探して~』 (c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『チャンス商会~初恋を探して~』 (c)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
『マイウェイ12,000kmの真実』『ブラザー・フッド』で知られる、韓国の名匠カン・ジェギュ監督の最新作『チャンス商会~初恋を探して~』として、9月下旬よりTOHOシネマズ新宿ほかにて公開されることが決定。本作で、人気K-POPグループ「EXO」のチャンヨルがスクリーンデビューすることが分かった。

頑固で口うるさいが不器用なソンチルは、“チャンスマート”で働く独り身のおじいちゃん。戦友を亡くし、孤独死も意識し始めたある日、向かいの家に引っ越してきた花屋の女店主のグンニムに、初恋にも似た恋心を抱くように。これが人生最後の恋かとドキドキするソンチル。

チャンスマートの社長チャンスほか町の人々は、その恋を成就させるため、作戦を練り応援するが、グンニムと町の人々には、ソンチルには言えない、ある秘密があった…。

本作は、誰にも訪れる人生終盤の日々の中で見つけた70歳のおじいちゃんの“初恋”を、『シュリ』『ブラザー・フッド』『マイウェイ12,000kmの真実』のカン・ジェギュ監督がときにユーモラスに、ときにシビアに描き出す異色の感動作。

頑固で不器用だけど、どこか憎めないおじいちゃんソンチルには、バラエティ番組「花よりおじいちゃん」シリーズで幅広い世代から人気を博し、『パラレルライフ』など数多くの映画でその存在感を見せているパク・クニョン。そして、ソンチルが恋する美しい花屋の女主人には、『女優たち』『ハウスメイド』『自由が丘で』など韓国を代表する監督から愛されてやまないユン・ヨジュン。また、ソンチルを応援するリーダー的存在なチャンスには、『群盗』『パパロッティ』などに出演している最旬俳優チョ・ジヌン。ほかにも、「イ・サン」「屋根部屋の皇太子」のハン・ジミンなど若手実力派俳優が集結。

また、11月には東京・大阪でドーム公演を行う「EXO」のメンバー、チャンヨルが本作でスクリーンデビュー。ソンチルとグンニムの初々しいデートをサポートする、心優しい高校生という重要な役割で、チャンヨルは「初めての映画で緊張し、食事ものどを通らなかったです」とコメント。映画初出演に相当なプレッシャーがあったことを明かしているが、劇中では自然な演技を披露しており、早くも日本のファンから熱い注目を集めている。

『チャンス商会~初恋を探して~』は9月下旬、TOHOシネマズ新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top