「南くんの恋人」11年ぶりにドラマ化決定! 主演に中川大志&山本舞香

月刊漫画「ガロ」で1986年から1987年に連載された内田春菊の代表作漫画「南くんの恋人」。この度、2004年「嵐」の二宮和也と女優・深田恭子らで実写化されて以来11年ぶりに

最新ニュース
中川大志&山本舞香
  • 中川大志&山本舞香
  • 南瞬一役、中川大志
  • 堀切ちよみ役、山本舞香
月刊漫画「ガロ」で1986年から1987年に連載された内田春菊の代表作漫画「南くんの恋人」。この度、2004年「嵐」の二宮和也と女優・深田恭子らで実写化されて以来11年ぶりにテレビドラマ化されることが決定。主演に中川大志、山本舞香ら若手注目俳優を迎え、不朽の名作にオリジナル要素が加わった胸キュンドラマとして帰ってくることが分かった。

原作漫画は、高校3年生の南くんと、突然身長16cmになってしまった女の子・堀切ちよみとの恋と同棲生活を描き、ありえない設定ながらも多くの読者の妄想を掻き立て大ヒットを記録したラブストーリー。1990年に初めてドラマ化され、いままで計3回ドラマ化された大ヒットコンテンツだ。

満を持してドラマ化される本作では、世界的大ヒットを記録したドラマ「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」のスタッフが再集結し、不朽の名作のドラマ化にあたりオリジナル要素を用意。連載当時、そのラストに賛否両論が巻き起こり衝撃を与えた原作とは、異なるラストシーンになっており、さらに、主人公・南くんが“おっとり”キャラから、学力優秀で超イケメンのキャラクターに変身を遂げている。

主演の南瞬一役を務めるのは、ドラマ「水球ヤンキース」(フジテレビ)「地獄先生ぬ~べ~」(日本テレビ)に出演し、人気急上昇中、いま最もキャスティングしたい若手俳優No1の呼び声高い中川さん。大人気作品の実写化にプレッシャーを感じつつも「今回は原作とは一味違う新しい南瞬一を、自分なりに演じたいと思います」と意気込みをコメント。

そして、幼なじみの堀切ちよみ役に映画『暗殺教室』『Zアイランド』など話題作に続々と出演を果たしている女優の山本さんを起用。「ちよみはとても明るく、感受性が豊かで、大好きな南くんに小さい体で一生懸命に伝えようとします。普通の大きさの人と比べて、小さくなったちよみの生活がどれだけ大変なのか監督と相談しながら演じています」と役作りについて明かした。

台本を読んだ原作者・内田氏も「とてもロマンチックで感動的な仕上がりになるはずですので、みなさんどうぞお楽しみに」と期待コメントを寄せた本作。そのほかのキャストや、詳しい放送時期、主題歌などはいまだは未発表となっているので、続報を楽しみに待ちたい。

「南くんの恋人~my little lover」は2015年、フジテレビにて放送予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top