染谷将太、拷問シーンでも和気あいあい? 綾野剛とのエピソードも

2013年5月27日に急逝した吉村秀樹率いるロックバンド「ブラッドサースティー・ブッチャーズ」とのコラボレーションに端を…

最新ニュース レポート
渋川清彦&水野絵梨奈&染谷将太&石井岳龍監督&村上淳/『ソレダケ/that's it』初日舞台挨拶
  • 渋川清彦&水野絵梨奈&染谷将太&石井岳龍監督&村上淳/『ソレダケ/that's it』初日舞台挨拶
  • 水野絵梨奈&染谷将太&渋川清彦&村上淳/『ソレダケ/that's it』初日舞台挨拶
2013年5月27日に急逝した吉村秀樹率いるロックバンド「ブラッドサースティー・ブッチャーズ」とのコラボレーションに端を発した企画を映画化した『ソレダケ/that's it』。本作の初日舞台挨拶が吉村秀樹の三回忌にあたる5月27日(水)都内にて行われ、主演の染谷将太を始め、水野絵梨奈、渋川清彦、村上淳、石井岳龍監督が登壇した。

そもそもの映画企画を石井監督にオファーした吉村さんが制作途中に急逝するなど、幾多の困難を乗り越えて公開初日を迎えたことを受け、石井監督は「スタッフもキャストも大変頑張ってくれて、とてもいい仕事ができた。いまの気持ちはとても一言では言い表せられない。ようやく皆さんに観てもらえて嬉しい」と感慨深げに語った。また、社会の底辺で生きる若いホームレス、主人公を演じた染谷さんは「3年前に監督から持ちかけられた企画は全然違ったが、吉村さんが亡くなったことで中断した企画を石井監督が練り直し、とても力強い形として昇華させた。本当に凄い映画」と石井監督の力量を絶賛した。

染谷さんは撮影前に石井監督から「とにかく体力をつけてほしい。酷暑の時期に全力疾走するから」と宣告されたそう。染谷さんと同じく本作の冒頭で全力疾走する裏社会の調達屋を演じた渋川さんは、体力作りに関して特に何もしなかったと言うが、「その代わり、普段エスカレーターを使わずに二段上がりで階段を使った」と話した。一方、村上さんは「役的に低カロリーな男なので体力作りはしなかった」と語る。石井監督は村上さんの役を「究極の省エネ男」と一言。染谷さんと同じくアンダーグラウンドで生きる風俗嬢役に体当たりで挑んだ水野さんは、いろいろと重いものを担ぎながら地上40mくらいの螺旋階段を駆け下りるシーンについて「高所恐怖症なので、なかなかカットがかからずに凄く怖かった」と告白した。

また、本作には、拷問や銃撃の大乱闘といった殺伐としたシーンが登場するが、現場はそれに反して和気あいあいとしていたそうで、村上さんは、「監督は非常にジェントルな方で、理不尽なことで怒ることもない。今日はこの場にいない綾野剛も非常に和やかな雰囲気のなか演じていた」と意外なエピソードも。

最後に石井監督にとって『ELECTRIC DRAGON 80000V』以来実に14年ぶりのロック映画ということもあり、映画の公開を記念して“ロック鏡開き”を敢行! 石井監督の「ロックンロール!」という掛け声と共に、木槌に見立てたエレキギターをキャスト陣が一斉に振り下ろし、樽酒の蓋を勢いよく割った。

『ソレダケ/that’s it』はシネマート新宿にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top