【予告編】“神の眼”を持つ写真家をヴィム・ヴェンダースが追う!『セバスチャン・サルガド』

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』や『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』など、数々の傑作ドキュメンタリー映画を手掛けてきた巨匠ヴィム・ヴェンダースの最新作『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』より、このほど予告編映像が解禁となった。

映画
『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
  • 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 - (C) Sebastiao Salgado (C) Juliano Ribeiro Salgado(C) Donata Wenders Salgado (C) Sara Rangel
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』や『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』など、数々の傑作ドキュメンタリー映画を手掛けてきた巨匠ヴィム・ヴェンダースの最新作『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』より、このほど予告編映像が解禁となった。

本作は、ヴィム・ヴェンダースとジュリアーノ・リベイロ・サルガドの二人が共同監督として制作。写真家の顔も持つヴィム・ヴェンダースは、もともとサルガドの写真作品を2枚所有しているほどのファンであり親交もあったことから、セバスチャン・サルガドの長男ジュリアーノがすすめていた本作に参加することになった。

ブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガドは、30代で写真を撮り始めて以来40年間、世界中を飛び回り、何年も要するプロジェクト作品を数多く発表してきた。モノクロを基調とする彼の作品は常に人間を捉え、死、破壊、腐敗といった根源的なテーマが扱われ、それらは写真と呼ぶにはあまりにも美しく、荘厳であるがゆえに、サルガドは“神の眼”を持つ写真家とも呼ばれている。

彼は、2004年から「Genesis(ジェネシス)」プロジェクトを開始。地球上の最も美しい場所を求め、ガラパゴス、アラスカ、サハラ砂漠など12か国余りで撮影された作品は、熱気球から撮られた水牛の群れ、遊牧民のネネツ族のシベリア横断、サンドイッチ諸島での“ペンギンの楽園”など、生と死が極限に交わる、誰も見たことがない圧巻の風景が写し出されている。

本作ではこのプロジェクトに同行したサルガドの息子ジュリアーノとヴェンダースの2人のクリエイターの視点から、唯一無二の写真家の足跡を解き明かしていく。




今回公開となった予告編では、長年サルガドが取り組んできた労働、貧困、紛争などの写真プロジェクトから自然環境保護を謳いあげた最新プロジェクト「GENESIS」までの道のりを、家族との関係を含めて描かれている。難民や移民、厳しい労働に従事する者たちを写し取りながら、神話的とも評されるサルガドの写真世界を存分に映像として表現したドキュメンタリーに仕上がっていることが窺える。

“神の眼”を持つと称されたサルガドがフィルムに刻んだ風景の数々。まずはこの映像から、彼が捉えた地球上で最も美しい場所を目撃してみて。

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』は、8月1日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top