【今週末公開の注目作】『エベレスト 3D』『劇場版 MOZU』ほか

西島秀俊主演作や、伊坂幸太郎原作の映画化など、注目作が目白押しの今週末公開の作品の中から、シネマカフェ編集部がピックアップしたオススメの作品をご紹介。今週末、あなたはどの作品を観に行く?

最新ニュース
西島秀俊、フィリピン・マニラでの海外ロケを敢行 (C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社
  • 西島秀俊、フィリピン・マニラでの海外ロケを敢行 (C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社
  • 『エベレスト3D』(c) Universal Pictures 
  • 『グラスホッパー』 - (C) 2015「グラスホッパー」製作委員会
  • 『エベレスト3D』ポスタービジュアル (c) Universal Pictures 
  • 『エベレスト3D』(c) Universal Pictures 
  • 西島秀俊、フィリピン・マニラでの海外ロケを敢行(C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社
  • フィリピン・マニラでの海外ロケを敢行 (C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社
西島秀俊主演作や、伊坂幸太郎原作の映画化など、注目作が目白押しの今週末公開の作品の中から、シネマカフェ編集部がピックアップしたオススメの作品をご紹介。今週末、あなたはどの作品を観に行く?

■『エベレスト 3D』

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?

実話に基づいたエベレスト登頂を描く『エベレスト 3D』が今週公開。出演に『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイソン・クラーク、『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホール、『インヒアレント・ヴァイス』のジョシュ・ブローリン、『アバター』のサム・ワーシントン、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のキーラ・ナイトレイら豪華キャストを配役。ハリウッド山岳映画史上屈指の壮絶さをぜひ3Dで体感してみて。

『エベレスト 3D』は11月6日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。



■『劇場版 MOZU』

「MOZU事件」から半年後、高層ビル占拠爆破事件とペナム大使館襲撃事件、二つの大規模テロが同時発生した。これらは、犯罪プランナー高柳と暗殺専門の殺し屋権藤ら同一グループによる犯行であった。実は彼らは、日本事件史の闇と言われる存在「ダルマ」の名のもとで、ある犯罪計画を極秘裏に進行しているのだった。灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、最後の敵=ダルマとの死闘がついに幕を開ける!

累計200万部を超える逢坂剛の警察小説の人気ドラマ化の映画化『劇場版 MOZU』。シリーズより引き続き西島秀俊、香川照之、真木よう子、長谷川博己、池松壮亮らが続投し、松坂桃李、伊勢谷友介、ビートたけしが新たに登場する。ビートたけしによる悪役「ダルマ」の怪演にも期待したい。

『劇場版MOZU』は11月7日(土)より全国にて公開。



■『グラスホッパー』

殺された恋人の復讐のため、裏組織に潜入した元教師・鈴木。人を絶望させる力を持ち、自らも精神を病む自殺専門の憂える殺し屋・鯨。驚異的身体能力を持つ孤独な若き殺し屋・蝉。ハロウィンの夜、渋谷スクランブル交差点で起きたある事件をきっかけに、心に闇を抱えた3人の男たちは次第に一つに繋がっていく――。

伊坂幸太郎原作の映画化『グラスホッパー』も今週公開。『脳男』の瀧本智行が監督を務め、『予告犯』の生田斗真、『岸辺の旅』の浅野忠信、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介をはじめ、麻生久美子や波瑠、菜々緒といった女優陣、吉岡秀隆、村上淳、宇崎竜童、石橋蓮司ら豪華俳優陣の共演に期待がかかる。伊坂幸太郎“最強小説”の実写化をぜひ週末に。

『グラスホッパー』が11月7日(土)より全国にて公開

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top