テイラー・スウィフト、裁判で渦中のケシャを支援…25万ドルを寄付

テイラー・スウィフトが、契約をめぐってプロデューサーとトラブルになっているシンガー、ケシャを支援するために25万ドル(約2,800万)を寄付した…

最新ニュース ゴシップ
ケシャ&テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • ケシャ&テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • ケシャ -(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト - (C) Getty Images
  • ケシャ-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • ケシャ(C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
テイラー・スウィフトが、契約をめぐってプロデューサーとトラブルになっているシンガー、ケシャを支援するために25万ドル(約2,800万)を寄付した。

現在28歳のケシャは2014年10月にプロデューサーのドクタールークとの契約解除を求める訴訟を起こした。ケシャは、18歳のときに契約したドクタールークにドラッグやアルコールを強要されて性的虐待を受け、体重についても侮辱されて摂食障害になったと主張している。

だが、19日(現地時間)に行われた裁判で契約解除は認められず、今後も活動を続けるならば、ドクタールークのもとでの仕事となることが決まった。判決を聞いた彼女が涙を流す姿が報じられると、レディー・ガガやアリアナ・グランデ、デミ・ロヴァート、イギー・アザレアなど多くの女性アーティストたちがSNSでケシャへのサポートを表明した。

そんな中、テイラーは22日に「支援の表明として、テイラー・スウィフトはケシャに25万ドルを寄付しました。この大変な時期に必要な経済支援です」と声明を発表。ケシャの母親はツイッターで「人の財産は、その人が何を持っているかでは計れません。それで誰を助けるのかで分かるのです。テイラー・スウィフトは真にリッチな人物です。ありがとうございます」と感謝を表明した。
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top