「東宝シンデレラオーデション」5年ぶりに開催!長澤まさみがポスターに

最新ニュース

『海街diary』での好演が記憶に新しい女優・長澤まさみをはじめ、若手注目株の上白石萌歌や山崎紘菜らを輩出したオーディション企画「東宝シンデレラオーデション」が、5年ぶり8回目に開催されることが決定! 今回は“女優・モデル・アーティスト”と3つの才能を発掘することをコンセプトに、グランプリ賞金はシンデレラ史上最高額が用意されるという。

1984年に東宝創立50周年記念イベントとして始まった「東宝シンデレラオーディション」。初代グランプリに沢口靖子が輝いて以降、第2回審査員特別賞を水野真紀、第4回グランプリを野波麻帆、審査員特別賞を田中美里、第5回グランプリを長澤さんがそれぞれ受賞。そして2011年の第7回では、グランプリに「幽かな彼女」や『脳漿炸裂ガール』出演で話題を呼ぶ上白石さんが選ばれ、さらに審査員特別賞には、ドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」『orange -オレンジ-』『MARS~ただ、君を愛してる~』と立て続けに話題作に出演し、着実にキャリアを積む山崎さんらが名を連ねている。

5年ぶりの開催となった今回は、いままでよりもさらに多面的にメディアアプローチ出来る、マルチな才能を秘めた人材を発掘すべく、3方面での華々しい活躍の場が用意されるという。

まず、グランプリ受賞者は、女優として2017年撮影予定の集英社原作の東宝製作映画で“スクリーンデビュー”! 賞金は、東宝シンデレラ史上最高額の300万円、推薦者には別途100万円が与えられる。2つ目は、集英社賞として受賞者に、雑誌媒体へ登場出来る“雑誌デビュー”を確約。これは出版社・集英社とのコラボで実現する賞で、本オーディションの審査に編集スタッフが参加したり、集英社媒体で募集告知を行うという。そして3つ目は、東宝製作アニメ作品に主題歌アーティストとして参加できる“「アニソン」アーティストデビュー”だ。

また、今回から、応募方法を公式サイトからのデジタル応募に一本化。東宝シンデレラ初の試みとして、書類審査を廃止し、全国10都市で行われる予選会にて「全員面接」を実施するという。これは「時間と労力は惜しまず、丁寧な審査を行い、輝けるガラスの靴にピッタリなシンデレラを探す」という東宝芸能の若手スタッフからのアイデアだそう。応募はパソコン・スマートフォンから誰でも気軽に参加できる仕様となっており、1人でも多くの応募者を募り、より多彩な“シンデレラ”発見の可能性を狙う東宝の意気込みが表れている。なお、既定の人数を超えた場合は、エントリー審査を実施予定。

そして、募集告知のポスター・チラシには、長澤さんが登場。女優、モデル、アーティストと3つの違った才能を発掘するというコンセプトを表現するため、白・赤・黒のドレスを纏い、色・形の違うウィッグを着けた3タイプの長澤さんをコラージュしたデザインに。撮影は、全く同じ位置、同じポーズで、手の指先から足先までスーッと伸ばして寝ている長澤さんを真上から撮ったという。

映像のみならず、ビジュアルシーンやミュージックシーンなど、さまざまなフィールドで活躍する新たな“東宝シンデレラ”誕生に、いまから注目したい。

「第8回 東宝シンデレラオーディションIn collaboration with集英社」の応募期間は3月5日(土)から7月10日(日)まで。選考は、7月中旬から8月下旬にかけて予選会が実施され、通過者は10月に合宿審査に参加の上、最終決定会議を経て選ばれたファイナリストの中から、11月上旬にグランプリが決定する。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top