又吉直樹原作「火花」、4か月の撮影終えクランクアップ!追加キャストも明らかに

最新ニュース

世界最大級のオンラインストリーミングサービス「Netflix」にて、今春配信が決定している又吉直樹原作の「火花」。このたび本作の撮影が、約4か月の期間を経てクランクアップしたことが明らかとなり、また追加キャストとして、渡辺哲、温水洋一、高橋メアリージュン、今井華、忍成修吾、今田耕司などが発表された。

売れない芸人の徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い強く惹かれ、「弟子にして下さい」と申し出た。神谷は天才肌であり、また人間味に富んだ人物。「いいよ」という答えの条件は「俺の伝記を書く」こと。神谷も徳永に心を開き、二人は頻繁に会って、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。吉祥寺の街を歩きまわりさまざまな人間と触れ合うのだったが、やがて二人の歩む道は決定的に異なっていく。徳永は少しずつ売れていき、その一方で、神谷は少しずつ損なわれていくのだった。そしてある日、神谷は徳永をはじめ関わるすべての人々の前から借金を抱えたまま姿を消してしまう。神谷のいない日々を淡々と過ごす徳永。そして一年後、二人は再会するのだったが――。

原作は、処女作にして芥川賞を受賞した又吉さんの異例のヒットとなった同名著書。お笑いという賑々しい世界の周辺で生きる女性たちの姿や、芸人の世界の厳しさも描きながら、驚くべきストーリー展開を描いている。キャストには、主人公・徳永役の林遣都をはじめ、相方・山下役に好井まさお、徳永の憧れの漫才師役に波岡一喜、村田秀亮、そのほか門脇麦、田口トモロヲなどが出演し、また監督には、総監督の廣木隆一をはじめ、白石和彌、沖田修一、久万真路、毛利安孝の5名の監督陣が力を合わせている。

昨年11月よりクランクインした本作は、出演者が口々に「最高の環境」と言い切るほど、撮影中の現場の雰囲気は良いもので、約4か月にわたる撮影は順調に進んでいったようだ。なかでも林さんと波岡さんは撮影中に「廣木総監督を始めとして映画界のトップクラスの方々とご一緒できているのが、とにかく幸せ。何より僕らが自由に、ちゃんと魂を込めてリアルに演じられる環境を作って頂けているのが本当にありがたい事です」と林さん。波岡さんも「僕らが余計なことを考えないでいい環境を作ってくれている。監督とどう演じるかを話し合いながら、集中して役作りできています」と語っている。

そして今回、新たに発表されたキャストには、徳永が住むアパートの住人役に、渡辺哲と渡辺大知。徳永のバイト先の陰険な店長・望月役に温水さん。徳永の相方の山下の彼女・百合枝役に高橋さん。合コンの女性役に今井さん、島袋聖南が出演。そのほか山本浩司、宮崎吐夢、徳永えり、徳井優、嶋田久作、福田転球、忍成さん、村杉蝉之介、武田梨奈など多くの俳優陣が勢揃いし、また今田さんやレイザーラモン、千鳥、パンサー向井、サルゴリラなど多くの芸人勢も登場するなど華やかな世界の舞台裏を描く本作に色を添えている。

「火花」は今春、「Netflix」にて配信開始予定(全10話)。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top