ポケモン映画タイトルは『ボルケニオンと機巧のマギアナ』に決定!予告映像も公開

映画

昨年夏、遂にシリーズ累計動員が7,200万人を超え、大ヒットを記録し続ける「ポケモン・ザ・ムービーXY」シリーズ。今回新たに「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」となりパワーアップし、タイトルを『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』とすることが決定した。さらに本ビジュアルと、公式webサイトにて予告映像も解禁された。

旅をするサトシたちの前に、空から突然大きなポケモンが降ってきた!落下の衝撃で土煙が舞う中あらわれたのは、幻のポケモン・ボルケニオン。人里離れた「ネーベル高原」で人間に傷つけられたポケモンたちと共に暮らすボルケニオンは、実は人間たちのことが大嫌い。サトシたちをよそに急いで立ち去ろうとするボルケニオンだが、なぜかサトシまで一緒に引っ張られてしまう。駆け出すボルケニオンと引きずられるサトシ。なんと二人は不思議な鎖で、いつのまにか繋がってしまっていた。仕方なくボルケニオンは衝突してばかりのサトシを引きずりながら「アゾット王国」を目指して走り始めた。

一方で巨大な歯車がまわり続ける超カラクリ都市・アゾット王国の大臣ジャービスは、長年探し求めていた究極の発明を手に入れていた。それは500年前に王国で生み出され、行方不明となっていた人造ポケモン・マギアナと、そのマギアナに宿るといわれる「ソウルハート」という未知なる力。ジャービスはその力を利用して、王国を支配しようとたくらみ、ボルケニオンは、ネーベル高原から連れ去られたマギアナを取り戻そうとしていたのだ。果たして繋がれたままのサトシとボルケニオンは、力を合わせマギアナを助け出すことができるのか――。

そして本作から、ポルケニオンと共に新しい幻のポケモン“マギアナ”が登場!金属質の体でかわいらしい姿だが、実は500年前に人の手によって生み出された人造ポケモンだった。その2匹の幻のポケモンは、本作の双璧でありストーリーに関わる重要なポケモンだという。

前回公開されたティザービジュアルでは、幻のポケモン・ボルケニオンの躍動感溢れる姿が目に止まったが、今回解禁された本ビジュアルでは、ボルケニオンの上にこの度発表された新たな幻のポケモン・マギアナの姿が描かれている。そんな2匹の活躍を予感するビジュアルには、「ポケモン」シリーズおなじみのサトシやピカチュウの仲間たちのほか、本作の登場人物であろうキャラクターも描かれ、迫力満点のビジュアルに仕上がった。

さらに公式webサイトでは予告映像も解禁。突然現れた“ボルケニオン”と不思議な鎖で結ばれてしまったサトシ、そして訪れた超カラクリ都市「アゾット王国」で待ち受けるのは荘厳たる“マギアナ”、更にメガフーディンやメガオニゴーリなど映画初登場のポケモンの姿も見ることができる。シリーズ史上最も熱く激しい未知なる戦いを予感させる予告編となっている。

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』は7月16日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top