門脇麦&菅田将暉“カップル”の寝顔ショット公開『二重生活』

直木賞作家・小池真理子の小説を原作に、数々のドラマを手掛ける映像作家・岸善幸が脚色して映画化する『二重生活』。この度、本作で初の単独主演を務めた門脇麦と…

映画
『二重生活』(C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ
  • 『二重生活』(C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ
直木賞作家・小池真理子の小説を原作に、数々のドラマを手掛ける映像作家・岸善幸が脚色して映画化する『二重生活』。この度、本作で初の単独主演を務めた門脇麦と、その恋人を演じる菅田将暉との寝顔を収めた場面写真が解禁された。

大学院の哲学科に通う珠(門脇麦)は、修士論文の準備を進めていた。担当の篠原教授(リリー・フランキー)は、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。同棲中の彼(菅田将暉)にも相談できず、尾行に対して迷いを感じる珠は、ある日、資料を探しに立ち寄った書店で、マンションの隣の一軒家に美しい妻と娘とともに住む石坂(長谷川博己)の姿を目にする。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして珠の「尾行する日々」が始まった――。

「恋」で直木賞を受賞し、『欲望』や今月公開される『無伴奏』など様々な作品が映像化されている作家・小池氏の同名小説を原作にした本作。映画化にあたり、NHK特集ドラマ「ラジオ」が文化庁・芸術祭大賞受賞、国際エミー賞にノミネートされるなど多くの記憶に残るドラマを手掛けた映像作家・岸氏が大胆に脚色し、自ら監督も務めている。

本作で、見ず知らずの他人を尾行しいつしか禁断の行為にはまっていくヒロイン・珠役を演じるのは、『愛の渦』、連続テレビ小説「まれ」など様々なタイプの役柄を演じ、また近日公開予定の『オオカミ少女と黒王子』『太陽』といった話題作にも出演し、強い印象を残す門脇さん。珠の恋人・卓也役には、『ディストラクション・ベイビーズ』『デスノート 2016』『溺れるナイフ』など多くの公開作が控える菅田さん。そして、尾行を勧める謎多き教授役をリリーさんが務め、多彩な俳優陣が集結した。

今回、本作から場面写真が2点到着。1つは珠の尾行対象となる長谷川博己演じる敏腕編集者・石坂が、駅で立ち尽くす写真。石坂が向けるその鋭い視線の先には何があるのか…と想像を掻き立てるビジュアルだ。またもう1点の写真は、珠と同棲中の恋人・卓也の寝顔を捉えたもの。まるで2人のプライベートを覗き込んでしまったかのようなドキっとさせるアングルに、映画の内容を期待させる写真となっている。

『二重生活』は6月25日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top