西野カナ、綾瀬はるか&斎藤工『高台家の人々』主題歌に!

映画『高台家の人々』。綾瀬はるかをはじめ、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗ら人気俳優勢揃いで贈る本作の主題歌を、女性からの圧倒的な支持を得る西野カナが担当することが決定した。

映画
口下手な“妄想女子”と人の心が読める悩み多き“テレパス王子”の不器用だけど、可笑しくて、愛おしい恋の物語を描く映画『高台家の人々』。綾瀬はるかをはじめ、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗ら人気俳優勢揃いで贈る本作の主題歌を、女性からの圧倒的な支持を得る西野カナが担当することが決定した。

人一倍口下手で、不器用なOL・平野木絵(綾瀬はるか)。「特技:妄想」「趣味:妄想」。ある日務める会社に、元華族で不動産や保険会社等を持つ名家・高台家の長男、高台光正(斎藤工)がニューヨーク支社から転勤してくる。長身でイケメン、さらに祖母がイギリス人という見た目もさることながら、東大卒、オックスフォードに留学経験もあるという完璧すぎるプロフィールをもつ光正と、接点があるはずもない木絵。しかし、そんな光正がいきなり食事に誘ってきた。木絵は何故気に入られたのか分からぬまま仲を深めていくが、光正の笑うタイミングを見ていると、どうも自分の馬鹿馬鹿しい妄想を覗かれているような気がしてならない。

そう、実は光正には人には言えない秘密、“テレパシー能力”があった。楽しくて・面白くて・馬鹿馬鹿しくも思える妄想をする木絵と過ごす時間は、癒しの時間。何より木絵の純粋な心の中に惹かれていく光正。順調な関係を続ける木絵と光正だったが、木絵に立ちはだかる名家“高台家”。二人の関係を許さない光正の母、光正を想い続ける女性、そして何よりも“釣り合わない恋”が木絵を不安にさせていく――。

原作は、「ごくせん」「デカワンコ」など数々の映像化作品を誇る森本梢子による、集英社「月刊YOU」連載の同名漫画。「ショムニ」『謎解きはディナーのあとで』などの監督を務めた土方政人がメガホンを取り、脚本をNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の脚本を手掛けた金子ありさが担当。ドラマ「わたしを離さないで」出演中の綾瀬さんをはじめ、ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」で主演を務める斎藤さん、「家族ノカタチ」の水原さん、『ライチ☆光クラブ』の間宮さんほか、大地真央、市村正親、シャーロット・ケイト・フォックス、大野拓朗、夏帆、坂口健太郎、塚地武雅というバラエティ豊かなキャスト陣が集結し、一風変わった傑作ラブコメディを創りあげる。

この度、本作の主題歌を西野さんが担当することが決定。西野さんは、映画『ヒロイン失格』主題歌の「トリセツ」など、これまで数々の映画・ドラマの主題歌を担当している。今回、本作のために書き下ろされた主題歌のタイトルは「You & Me」。楽曲を聴いた綾瀬さんは「内気なんだけど妄想はじける木絵さんの頭の中や恋する気持ちが現れてるように感じて、とっても素敵な曲です」と感想を寄せた。

西野さんは本楽曲について「カップルの間に自然と生まれるルールや『どっちもどっち』というお互いの性格を描いた曲です。恋人にまつわるエピソードは、皆さんそれぞれだと思いますが“長所”も“短所”も全部含めて『相性』として受け止めるカップルを表現しました」と解説した。

公式サイトでは、西野さんの主題歌を使用した予告映像が公開。本映像は、3月12日(土)より全国の劇場にて順次放映予定だ。

『高台家の人々』は6月4日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top