「ハイアット リージェンシー 東京」の人気ランチ「パクチー三昧セット」に新メニューが登場!

最新ニュース

ハイアット リージェンシー 東京「パクチー三昧セット」。画像のメイン料理は、パクチー麻婆茄子
  • ハイアット リージェンシー 東京「パクチー三昧セット」。画像のメイン料理は、パクチー麻婆茄子
  • 中国料理長林浩勝氏
  • ハイアット リージェンシー 東京「パクチー三昧セット」。画像のメイン料理は、パクチー炒飯
  • ハイアット リージェンシー 東京「パクチー三昧セット」。画像のメイン料理は、パクチー焼きそば
西新宿にある「ハイアット リージェンシー 東京」の中国料理「翡翠宮(ひすいきゅう)」では、5月31日(火)までの期間限定で、人気のランチメニュー「パクチー三昧セット」のメイン料理に新メニュー「パクチー麻婆茄子」が登場する。

好き嫌いがはっきり分かれる食材であるパクチー。中国名では香菜、英語ではコリアンダーといい、香辛料として料理のアクセントに使われたり、エスニック料理で多用されるセリ科の植物。独特な香りが病みつきになる人も多い。そんなパクチー好きに大人気のランチが、中国料理「翡翠宮」の「パクチー三昧セット」だ。

同店では、昨年8月に、メイン料理だけでなく、スープ、サラダ、点心、すべてにパクチーを使ったランチ「パクチー三昧セット」の提供を開始したところ大ヒット。リピーターが続出中だ。

「パクチー三昧セット」は、「パクチーサラダ」にはじまり、「点心 フレッシュパクチー添え」、「月替わりのパクチースープ」、「3種類から選べるメイン料理」、「杏仁ゼリー」の5品から構成され、料金は3,564円。

今回、ランチセットの選べるメイン料理のひとつとして、期間限定メニューで「パクチー麻婆茄子」が加わった。中国料理長林浩勝氏が考案したメニューだというが、パクチー×麻婆茄子がどんなマリアージュを果たすのか、なかなか想像しにくい。

だが、実際食してみると、意外なほどマッチしていると感じられるのだそう。パクチーの葉だけでなく根までを使用することで、独特の香りはもちろん、コクや深みが加わり、パクチーの美味しさを余すところなく味わえる。ちなみに、選べるメイン料理の他には、「パクチーと豚肉の醤油煮入り炒飯」/「パクチーと小海老、帆立貝入り上海焼そば」がある。

5月31日(火)までの期間、スープは月ごとに内容を変え、3月はエビと豆腐、ズッキーニ、エリンギなどが入った酸辣スープを用意。また、各メニューはア・ラ・カルトとしてランチ、ディナーともに単品でも注文できる。いつ訪れても新鮮な気分で、多彩なパクチーの美味しさを体験できるはずだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top