リース・ウィザースプーンの“相棒”『キューティ・ブロンド』のチワワが18歳で死去

2001年製作の『キューティ・ブロント』、2003年の『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』と2作に出演して人気を集めたオスのチワワ、ムーニーが先週亡くなった…

最新ニュース
リース・ウィザースプーン&ブルーザー(C)Getty Images
  • リース・ウィザースプーン&ブルーザー(C)Getty Images
  • リース・ウィザースプーン&ブルーザー(C)Getty Images
  • リース・ウィザースプーン&ブルーザー(C)Getty Images
  • リース・ウィザースプーン&ブルーザー(C)Getty Images
2001年製作の『キューティ・ブロント』、2003年の『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』と2作に出演して人気を集めたオスのチワワ、ムーニーが先週亡くなった。18歳だった。劇中での役名はブルーザー・ウッズ。リース・ウィザースプーン演じるエル・ウッズと同様、カラフルでキラキラの服に身を包み、エルの相棒として大活躍していた。

小柄すぎる体格から、寿命が短そうなチワワだが、実は平均寿命は10歳~18歳と言われている。18歳まで生きたムーニーは天寿を全うしたと言えるだろう。

リースはSNSでムーニーの死をファンに伝え、「ムーニーは小さくて、かわいくて、みんなに愛されたチワワでした。一緒に過ごした時間を忘れません。きっと空でしっぽを振っているんでしょうね。彼のトレーナー、スー・チップにも愛とお悔やみを」と追悼。

『キューティ・ブロンド』シリーズが大ヒットしてからリースは2005年製作の『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー主演女優賞を獲得し、トップ女優の一員に。2010年には「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」に星を受け、このときムーニーもお祝いにかけつけていた。

昨年11月、「ET online」に『キューティ・ブロンド』の3作目となる続編製作に意欲を見せていたリースだが、ムーニーの「ブルーザー」としての出演は残念ながら叶わなくなってしまった。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top