『インデペンデンス・デイ』新章、7月公開へ!日本が狙われる!? ポスターも到着

上空を覆う巨大な宇宙船や“侵略者”とのガチバトルなど、空前のディザスター映像で大反響を呼んだメガヒット作『インデペンデンス・デイ』。今年、20年の時を経て描かれる新章『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の待望の日本公開が、7月9日(土)に

映画
上空を覆う巨大な宇宙船や“侵略者”とのガチバトルなど、空前のディザスター映像で大反響を呼んだメガヒット作『インデペンデンス・デイ』。今年、20年の時を経て描かれる新章『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の待望の日本公開が、7月9日(土)に決定。前作を上回る超巨大な宇宙船が日本をターゲットにしているかのような、ポスタービジュアルが到着した。

人類が恐るべき侵略者を撃退し、宇宙における独立を高らかに宣言した記念すべき日から20年。きっと奴らはまたやってくる。その来たるべきときに備え、地球防衛システムを構築した人類の備えは、完璧のはずだった…。

前作に引き続きローランド・エメリッヒ監督がメガホンをとり、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマンら続投キャストに加えて、主人公ジェイク役の『ハンガー・ゲーム』シリーズのリアム・ヘムズワース、ウィル・スミスが演じたヒラー大尉の息子役として新鋭のジェシー・アッシャー、『イット・フォローズ』の注目女子マイカ・モンローら、次世代の強力な新キャストの参戦が明らかとなっている本作。

今回到着したポスターでは、煌々と光輝く日本を中心に、アジア地域全体が覆われるように超巨大な宇宙船に狙われており、「あの日から20年。決戦に備えていたのは、人類だけではない」というコピーが添えられていることに注目! 再び襲来を目論んでいた侵略者は、我々の想像をはるかに超える巨大化と進化を遂げていることを告げている。また、タイトルとして正式決定した「リサージェンス」とは、“一度中断していたことの再開”を意味しており、その言葉が示すように、まさにいま地球への襲撃が再開されようとしているようだ。

実は、今回のポスターは日本だけでなく、各大陸毎に違うバージョンが作成されている。つまり、地球上のすべての国々がターゲットになっていることを表しているのだ。前作に引き続き、科学者デヴィッド・レヴィンソンを演じるゴールドブラムが、「前回の戦いを経験したあと、世界の国々は1つの目標のもと、すばらしい形で協力している。国境はいままでのような意味を持たなくなっていて、これはとても素敵なアイディアだ。人類は力を合わせている」と明かしていることからも、本作でこの圧倒的すぎる力を持つ侵略者に対し、どのように全人類が立ち向かうのか、期待させるビジュアルともなっている。

20年前の激闘は序章であり、警告にすぎなかったのか…!? 世界中のランドマークを破壊し尽くす侵略者の脅威を前に、もはや滅亡寸前の人類に起死回生の策はないのか…!? この夏、革新的に進化を遂げた別次元の激闘に、地球が、そして宇宙が震撼する。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top