中村悠一、録り下ろしの新ティザーPV公開!『虐殺器官』

映画

『虐殺器官』メインビジュアル -(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
  • 『虐殺器官』メインビジュアル -(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
  • 『虐殺器官』クラヴィス・シェパード -(C) Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
  • Project Itoh
夭折の作家・伊藤計劃の小説3作を劇場アニメ化する企画「Project Itoh」。細谷佳正主演『屍者の帝国』を皮切りに、第2作目『ハーモニー』が昨年公開。制作中断・公開延期となっていた『虐殺器官』は、本作プロデューサーが新スタジオ「ジェノスタジオ」を設立し、現在鋭意制作中だが、この度、主演を務める中村悠一による録り下ろし新ティザーPVが公開された。

原作は、「ゼロ年代最高のフィクション」と称えられ、宮部みゆきや伊坂幸太郎らも絶賛した伊藤氏の鮮烈のデビュー作「虐殺器官」。世界の紛争地を飛び回るアメリカ特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男・ジョン・ポールは、紛争の予兆とともに現れ、紛争が泥沼化するとともに姿を消す。果たして「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は…? 彼に辿り着いたクラヴィスは驚くべき真実に知ることになる。

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』に続く“ノイタミナムービー”第2弾として大きな注目を集めた本企画。当初の計画では、伊藤氏がこの世を去る前に遺したわずか30ページの序文を、盟友として知られる芥川賞作家・円城塔が書き継いで完成させた『屍者の帝国』、そして伊藤氏の遺作となった『ハーモニー』と並び、『虐殺器官』が3か月連続で公開予定となったいたが、昨年9月末に起きた株式会社マングローブの経営破綻により、制作の中断と公開延期を余儀なくされていた。声優陣には、中村さんをはじめ、石川界人、梶裕貴、小林沙苗、櫻井孝宏ら人気と実力を兼ね備えた面々がキャスティングされている。

今回、公式サイト上にて本作の新ティザーPVが公開。主人公クラヴィス・シェパード役の中村さんが、本映像のために新録したナレーションを披露している。以前、村瀬修功監督は「こうして制作継続が決まったのは、伊藤計劃さんが与えてくれた好機のようにも考えることができる」とコメントを寄せているが、その思いのまま、現在新スタジオ「ジェノスタジオ」にて鋭意製作中とのこと。公開時期などはまだ未発表なままだが、本ティザー映像をみて、本作の完成を心待ちにしたい。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top