菅野美穂、『ルーム』子役にメロメロ「連れて帰っちゃうぞ!」

映画『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンが息子役を演じたジェイコブ・トレンブレイと共に初来日を果たし、3月21日(月)に開催されたジャパン・プレミアに出席。ゲストとして菅野美穂も駆けつけ、オスカー受賞を祝福した。…

最新ニュース
菅野美穂、ジェイコブ・トレンブレイ、ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • 菅野美穂、ジェイコブ・トレンブレイ、ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • ジェイコブ・トレンブレイ、ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • 菅野美穂/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • ジェイコブ・トレンブレイ、ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • ジェイコブ・トレンブレイ/『ルーム』ジャパン・プレミア
  • ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア
映画『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンが息子役を演じたジェイコブ・トレンブレイと共に初来日を果たし、3月21日(月)に開催されたジャパン・プレミアに出席。ゲストとして菅野美穂も駆けつけ、オスカー受賞を祝福した。

小規模作品ながら、並み居る大作と肩を並べアカデミー賞主要4部門を果たした本作。ママとジャックは監禁され、窓もない閉じられた部屋の中だけで暮らしていた。やがてジャックが5歳になった時、ママは部屋を出ることを決意するが…。

劇場中央の扉から登場したドレス姿のブリーと真っ赤なスーツできめたジェイコブくんは、客席の間の通路を通って壇上へと向かうが、途中、ファンのサインや握手の求めに丁寧に応じる。壇上に上がると、2人は覚えたての日本語で「コンニチハ! アリガトウ!」と日本のファンに挨拶した。

ブリーは「絶対に一度は日本に来たいと思ってました。夢がかないました」と語り、オスカー受賞に対する「おめでとう!」という日本のファンの祝福に笑みを浮かべて何度も頭を下げる。受賞について「決まった瞬間はシュールな気持ちで、いまも実は『ホントなのかな?』という気持ちです。授賞式後、すぐに『キングコング』の撮影でベトナムへ飛び、日本にもベトナムから直接やって来たので、受賞して最初に触れあったのが日本のみなさんです。こうしてみなさんと触れ合えて嬉しいです」と喜びを口にした。

ジェイコブくんは大人びた口調で「ここに立つことができて、ワクワクしてます。日本には…4歳のころから来たいと思ってました!」と語り「(本作のプロモーションで)いろんなところに行けてよかったです。僕の両親も驚いてたし、僕もすごいことだなと思っています」と語った。

ブリーは、本作で成功を手にしていく過程を、劇中のママとジャックの関係に重ねる。「映画の中で彼女が地に足をつけていられるのは息子の存在があるからですが、私にとってジェイコブの存在も同じです。世界中を旅して一緒に過ごす中で、一番楽しいのが彼なんです」と明かした。

昨夜遅くに到着したばかりで、まだまだ日本を楽しめてはいないようだが、ブリーは「夜遅くに着いて、荷物をおいてすぐにスーパーに向かったわ。日本のお菓子をチェックして、日本酒とポテトチップを買いました」と語る。日本食については「本当にすべて試してみたい! ラーメン? 寿司? ゴマ味のアイスも食べてみたいわね」と楽しそう。ジェイコブくんは「日本の寿司を試してみたいです。僕の住んでるバンクーバーにもおいしいお寿司はあるけど、やっぱり日本のをトライしなきゃ!」と語った。

この日は、昨年出産し、母になったばかりの菅野さんがゲストで駆け付け、ブリーに花束を、ジェイコブくんには彼が大好きだというプードルをかたどった風船をプレゼント。映画について「言葉にできない衝撃がありました。見終わって、世界が広がるような爽快感! すごく力のある映画でした」と感動を口にした。ジェイコブくんを目の前に、菅野さんはメロメロで「なんてカワイイの! 連れて帰っちゃうぞ(笑)!」と語ったが、これにジェイコブくんが「それじゃ映画の繰り返しになっちゃうからよくないよ(笑)。あそこまで酷くはないと思うけど…」と見事に切り返し愛情は爆笑に包まれた。

最後の挨拶でもジェイコブくんはノリノリで「サインするのとか楽しかったです! 世界中の人が楽しんでるみたいで…すごく楽しい」と笑顔で語り、これには“母”ブリーも大笑いだった。

『ルーム』は4月8日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top