三代目JSB表紙の「HOT PEPPER」、アクセス殺到し公式サイトがダウン

三代目 J Soul Brothers(以下、三代目JSB)が表紙をジャックしたクーポンマガジン『HOT PEPPER』と『HOT PEPPER Beauty』4月号が大きな反響を呼んでおり、同誌公式サイトがサーバダウンする事態となった。

最新ニュース
「三代目 J Soul Brothers」(以下、三代目JSB)が表紙をジャックしたクーポンマガジン「HOT PEPPER」と「HOT PEPPER Beauty」4月号が大きな反響を呼んでおり、同誌公式サイトがサーバダウンする事態となった。また京急線羽田空港国内線ターミナル駅に設置されていたラックは、利用者の安全に配慮した結果、設置中止となった。

24日(木)より順次配布が開始された「HOT PEPPER」と「HOT PEPPER Beauty」4月号の表紙には、「三代目JSB」のメンバーが登場した。グループショットだけでなく、メンバーのソロショットも撮影し、全部で8パターンの表紙が用意された。8種類のうちどの表紙が並ぶかは、発行されるエリアによって異なり、「当日のお楽しみ」となっていた。ただ全国に1か所だけ全種類の表紙が揃う場所として、「京急線羽田空港国内線ターミナル」が告知されていた。

しかし企画への反響の大きさは、編集部の予想を超えるものだったらしい。「HOT PEPPER」編集部の公式Twitterアカウントは24日(木)昼、本誌サイトにアクセスが殺到しており、繋がりにくい状況になっているとアナウンスされ、そしてその後公式サイトはサーバダウンしてしまうまでに。

さらに「HOT PEPPER」編集部の公式Twitterアカウントは同日夕方、京急線羽田空港国内線ターミナル駅のラックでの24日(木)分の予定配本数を終了したことを報告。それに加えて、「駅ご利用者の皆様の安全を考慮し」た結果、翌25日(金)以降の4月号の設置を中止することを発表している。
《花》

編集部おすすめの記事

特集

page top