米倉涼子、初の大奥時代劇撮影で「30分後には脱ぐ」

最新ニュース

女優の米倉涼子と俳優の山本耕史が3月27日(日)、都内で行われたフジテレビ系「金曜プレミアム 松本清張スペシャル『かげろう絵図』」の完成試写会に出席。劇中で着物姿を披露している米倉さんは、撮影現場での驚きのサイクルを明かした。

作家・松本清張が、江戸時代後期に世間を騒がせた一大ゴシップ“感応寺事件”を基に描いた小説をドラマ化。殺された父の敵でもある現政権の悪事と裏事情を探るため、スパイとなって江戸城の大奥に奥女中として入り込んだ縫(米倉さん)が、お世継ぎを決める権限を握っている家斉のお墨付きを巡って大奥内で繰り広げられる熾烈な争い巻き込まれていく。

清張作品ドラマ化常連の米倉さんは「松本清張さんの作品はドロドロしていて暗くて怖いイメージだけれど、今回は神秘的で心温まる話で新鮮」と紹介し「着物を着た所作や話し方などが新鮮で楽しかった。扮装してその時代の中に飛び込んでいくのはタイムスリップした感覚になる」と久々の時代劇に満足そう。撮影現場では着物姿が多いために「お洋服を着て現場に行ったらすぐ脱ぐ。着たと思ったら30分後には脱いでいる状態だった」と明かした。

縫がひそかに恋心を寄せる従兄弟の闇医者・島田新之助役の山本さんは「浴衣で現場に行って役衣装に着替えて、また浴衣に着替えてそのまま寝る。そしてそのまま現場に行く。お風呂にも入りません」と衝撃の告白。米倉さんが「えー! 清潔な印象があるのに」と真に受けて驚くと、山本さんはクールな表情で「嘘です、嘘です」と白状していた。

時代劇ジャンルについて米倉さんは「足くせが悪いので大変だった。監督からは沢山のお叱りを頂きました」と着物姿には苦戦したようだが「時代劇を敬遠していたところがあったけれど、日本人はやるべきだと思った」とすっかりハマった様子で、山本さんからも「ぜひぜひ」と勧められていた。ただ米倉さんは「実際に大奥に入ったらどうする?」と聞かれると「女性だらけの中で過ごすのはきつい」とリアルでは否定していた。

フジテレビ系「金曜プレミアム 松本清張スペシャル『かげろう絵図』」は、4月8日(金)21時~放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top