野村萬斎「僕も現代人」と苦笑 ハンバーガー食べる姿を暴露され…

『探偵はBARにいる』「リーガル・ハイ」などで知られる人気脚本家・古沢良太が書き下ろした異色ミステリー『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の完成披露上映会が3月27日(日)、都内で行われた。…

最新ニュース
『探偵はBARにいる』「リーガル・ハイ」などで知られる人気脚本家・古沢良太が書き下ろした異色ミステリー『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の完成披露上映会が3月27日(日)、都内で行われた。

上映を前に古沢氏をはじめ、初の現代劇に挑んだ野村萬斎、共演する宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、高畑淳子、金子修介監督が舞台挨拶に登壇。“残留思念”と呼ばれる人間の記憶や感情を読み取る(=スキャン)特殊能力をもった元漫才師の主人公・仙石和彦が、元相方とともに連続殺人事件に挑む。

萬斎さんは「才能とどう付き合うか、社会とどう向き合うか。苦しみながら生きる人間を描いたミステリー」と本作をアピール。劇中では木村さんとの恋愛模様も描かれ、「幸せでしたね。普段は男だらけですし、女優さんとの共演が映像の楽しみ」と笑みを見せた。

主人公の元相方を演じる宮迫さんは「お堅い方と思ったら、僕より全然しゃべる。僕らは元漫才師という役柄でしたが、『漫才師? 僕は萬斎』なんて言うから(笑)」と、芸人顔負けな萬斎さんの素顔を暴露した。

「正直怖い人かと思っていたが、実際にはめっちゃ優しい」(安田さん)、「ハンバーガーを食べている姿に驚きました」(杉咲さん)、「クールで寡黙なイメージだったが、お会いすると虫眼鏡を手にした少年みたいにキラキラしていて、失礼かもしれませんが可愛らしい」(木村さん)とほかの共演者も、狂言師のイメージとのギャップに驚かされた様子。当の本人は「僕も現代人ですから、ハンバーガーは食べますよ」と苦笑いだった。

映画のテーマである特殊能力に話題が及ぶと、安田さんは「エラ呼吸できるようになりたい。趣味がダイビングですし、魚に憧れかれこれ31年」と笑いを誘い、宮迫さんは「家に帰って、玄関のドアの“重さ”で嫁の機嫌が分かる」と恐妻家ぶりを披露していた。

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は4月29日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top