【予告編】チャールズ皇太子がライバル!? “雑草魂”が花咲く実話『フラワーショウ!』

“ガーデニング界のオリンピック”と呼ばれる、豪華絢爛の世界大会にすべてをかけた女性を描くまさかの実話『フラワーショウ!』。このほど、そのポスタービジュアルと予告編映像が解禁となった…

映画
“ガーデニング界のオリンピック”と呼ばれる、豪華絢爛の世界大会にすべてをかけた女性を描くまさかの実話『フラワーショウ!』。このほど、そのポスタービジュアルと予告編映像が解禁となった。

アイルランドの田舎で育ったメアリー(エマ・グリーンウェル)は、「自分のデザインした庭で世界を変えたい!」という夢を叶えるため、有名なガーデンデザイナー、シャーロットのアシスタントに応募。晴れて採用されるも、高慢で貪欲な彼女にコキ使われた挙句、長年書き溜めていたデザインノートまで盗まれ、クビに…。どん底のメアリーがひらめいたのは、毎年世界中から注目される「“チェルシー・フラワーショー”で金メダルを獲る」こと。コネもお金も経験もないメアリーだが、ピッピー風の庭師や密かに想いを寄せる植物学者クリスティらで寄せ集めチームを結成し、一路チェルシー・フラワーショーへと挑む!

エリザベス女王が総裁を務め、100年以上の歴史を誇る最も権威のある“チェルシー・フラワーショー”。“ガーデニング界のオリンピック”ともいわれる最高峰のショーを舞台に、権威主義がはびこるショーの歴史を塗り変えたランドスケープ・デザイナー、メアリー・レイノルズの真実の物語を映画化した本作。ライバルはデザイン泥棒の有名デザイナーに、なんとチャールズ皇太子!? “雑草魂”で夢の金メダルを目指すメアリーの挑戦を描く、逆転サクセス・エンターテインメントだ。

このたび解禁されたポスターでは、メアリーの造った幻想的な庭がまるで水彩画のような雰囲気を漂わせており、エリザベス女王をはじめ人々の心を虜にした奇跡の庭の一部が明らかにされている。

また、予告編では、アイルランドの美しい景色を背景に、チェルシー・フラワーショーまでのあらゆる困難とともに、友人たちに支えられながら、夢に向って逆境に立ち向かうメアリーの力強い姿が映し出されている。さらに、注目の英国美男トム・ヒューズ演じるクリスティにときめき、その想いが見え隠れするメアリーのキュートな表情にも要注目。庭造りの過程も描かれており、主人公のモデルになったメアリー・レイノルズの「人と自然の共存」という庭づくりのテーマをも堪能できる映像となっている。


なお、6月上旬にはご本人、メアリー・レイノルズの来日も予定されているという本作。英国王室も魅了する“世界を変えた”彼女の庭を、映像からも確かめてみて。

『フラワーショウ!』は7月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top