齊藤工発案の移動映画館「cinema bird」第3弾が開催! 大分県豊後大野市にて2日間

最新ニュース

齊藤工発案「cinema bird(移動映画館)」
  • 齊藤工発案「cinema bird(移動映画館)」
  • 斎藤工
俳優の齊藤工発案による映画館のない地域に映画を届けるプロジェクト「cinema bird(移動映画館)」の第3弾の開催が決定。大分県豊後大野市の真宗大谷派(東本願寺)明尊寺を会場に、5月14日(土)、15日(日)の2日間実施される。

齊藤さんが発案者となって開催される同プロジェクト。劇場体験をしないまま大人になっていく子どもたちや、劇場で映画を観ることがなくなってしまった大人たちに、同じ空間で感動を共有する大切さ伝えることを目的に開催されている。

第3弾となる今回は、大分県豊後大野市の真宗大谷派(東本願寺)明尊寺を会場に、2日間に分けて開催。上映作品には、齊藤さんがナレーションを務めたネイチャードキュメンタリー『小さな世界はワンダーランド』、新垣結衣を主演にアンジェラ・アキの楽曲をもとにした小説を映画化した『くちびるに歌を』、フランスで750万人の動員を記録した『エール!』の3作品がラインアップ。当日はお笑い芸人の永野やシンガーソングライターのMOGGOSほか豪華ゲストが登場する予定だという。

今回の開催決定に際して齊藤さんは「“お寺”と“劇場”はそれぞれ高い敷居を持たず集まりやすくどちらも人で賑やかであるべき場所だと思います。今回豊後大野市にてそれらの融合が実現すれば日本における移動映画館の醍醐味・意義を大いに得ることの出来る一つのモデルケースになるのではないかと期待しております。五月の半ば“明尊寺”に沢山の方々の笑顔エンターテインメントの花が咲く様全力で準備させて頂きます」とコメントしている。

「cinema bird in OITA」は5月14~15日、明尊寺にて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top