ナオミ・ワッツ、ボトックスに助けを求めるかどうか迷い中

最新ニュース

どんなに美しい女優でも年を重ねることによってどうしても避けられないのが顔のシワ。ハリウッドでは「ボトックス」を顔に注入してシワを取るのは当然の“ケア”のように行われており、イギリス女優のキャリー・マリガンが25歳だった当時、ロスで「目の下にボトックスを入れたら?」と言われてとても驚いたというのは有名な話。20代でもボトックスを勧められてしまう恐ろしい世界、それがハリウッドなのだ。

イギリス出身、現在47歳のナオミ・ワッツは、まさにいま、ボトックスに助けを求めるべきか悩んでいると「New Beauty」誌に語った。「やっぱり自分の見た目が最高の状態であって欲しいとは思うけど…」と女優ならではの願望を告白。しかし年齢に合った役柄を演じることが多いというナオミは、「ボトックスを打った顔で真実味のある演技やストーリーを伝えることができるのかしら?」という不安があるそうだ。

ボトックスは打ちすぎると、シワはなくなるものの顔全体が固まってしまい、表情を作れなくなるという女優生命を脅かす危険性がある。ナオミの親友ニコール・キッドマンはたびたびマスコミから「ボトックスで顔面硬直」と槍玉に挙げられている。「でも可能性はない、とは言えないわ」とナオミはわずかながらも、今後ボトックスの助けを借りる可能性を示唆した。今後の彼女の表情を要チェックだ。
《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

特集

page top