ミーシャ・バートン、復帰をかけて臨んだ「DWTS」でギリギリ脱落を免れる

先週21日(現地時間)にアメリカで放送開始となった「Dancing with the Stars」(DWTS)シーズン22に出演中のミーシャ・バートンのパフォーマンスが残念な評価を受けている…

最新ニュース
ミーシャ・バートン(C)Getty Images
  • ミーシャ・バートン(C)Getty Images
  • ミーシャ・バートン(C)Getty Images
  • ミーシャ・バートン(C)Getty Images
  • ミーシャ・バートン-(C)Getty Images
先週21日(現地時間)にアメリカで放送開始となった「Dancing with the Stars」(DWTS)シーズン22に出演中のミーシャ・バートンのパフォーマンスが残念な評価を受けている。

21日はThe Weekndの“In the Night”に合わせて“タンゴ”を踊ったミーシャ。本人は自信たっぷりだったのに、審査員から受けた評価はことごとく酷いものばかり。「あれはダンスではない。ウォーキングだ」「動きが小さすぎる」という直接的な酷評と、「ダンサーとしての生まれつきの才能がないのに、こんなに頑張ったことを尊敬するわ~!」と褒めているのかけなしているのか分からない悲しい評価も。そして3人の審査員が付けた合計点数は30点満点中16点…。こき下ろされたミーシャのヤル気は急降下してしまった。

28日(現地時間)は“チャチャチャ”を踊ったが、直前に放送された練習風景でのミーシャは「なんでもいい」「休憩したい」とパートナーのダンサーに対してひどい態度を取ったり、見るからにテンションもだだ下がり。

実際のパフォーマンスはなんとか笑顔を見せて踊り切ったが、審査員の評価は「キャラクターになりきろうと頑張っていた。でも、音楽と動きが合わなかったね」「先週よりはよかったかな」「かわいかったわ」と先週に比べれば若干よいコメントをもらえた一方で、点数は先週よりも低い15点。全12組中ワースト3組に入ってしまったが、ギリギリ脱落はしなかった。2週目でこのスレスレ感。優勝を狙うのは難しそうだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top