東出昌大の“ヘタレ”っぷりを監督絶賛! 『ヒーローマニア-生活-』WEB初出し写真解禁

映画

『ヒーローマニア-生活-』(C)(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
  • 『ヒーローマニア-生活-』(C)(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
  • 『ヒーローマニア-生活-』(C)(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
  • 『ヒーローマニア-生活-』(C)(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
  • 『ヒーローマニア-生活-』 (C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
  • 『ヒーローマニア-生活-』(C)(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
  • 『ヒーローマニア-生活-』ポスタービジュアル (C)(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会
長身イケメン俳優・東出昌大、クールな若手演技派・窪田正孝、ティーンのカリスマ・小松菜奈らが、街を救う等身大ヒーローになりきる最新作『ヒーローマニア-生活-』。このほど、東出さんがこれまでのイメージを覆すかのように、ヘタレを徹底研究して演じきった主人公・中津のWEB初出し写真が、シネマカフェにて解禁となった。

サラリーマンをリストラされ、いまではコンビニでバイトするフリーター・中津(東出昌大)は、あるとき出会った、謎の身体能力を誇るニート・土志田(窪田正孝)、情報収集力抜群の女子高生カオリ(小松菜奈)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は“若者殴り魔”の日下(片岡鶴太郎)と街を守る自警団“TSURUSHI-MA(吊るし魔)”を結成。社会が裁ききれない小さな悪を“天誅”と称し、高いところから吊り下げてさらす行為を始める…。

人気漫画家・福満しげゆきの代表作を、『ソフトボーイ』の豊島圭介監督が実写映画化した本作。これまで爽やかな好青年や硬派な印象のキャラクターを演じることが多かった東出さんは、会社をリストラされて世間を批判的に見る、ヘタレなフリーターを演じ、驚きの新しい一面を披露している。

今回到着した劇中写真は、決してケンカが強いわけでもなく、人より優れた能力を持ち合わせてもいない“TSURUSHI-MA(吊るし魔)”のリーダー中津が、強敵に襲われ奮闘しているシーン。東出さんは、「ヘタレの役が初めてなので、『あ、こういう役に挑戦できるんだ』って思えて純粋に嬉しかったです」と話しており、本人としてもいままでにないキャラクターを楽しんだ様子。走り方や立ち方など、細部にわたってヘタレ感を出すための研究をして撮影に臨んだという。

また、過去に東出さんと仕事をしたことがある豊島監督は、「東出くん自身はものすごく高身長で格好いいけれど、仕事をしてみて彼の意外な側面をほんの少し垣間見たんです。その格好良さを活かした役ではなく、見たことのない彼の側面を撮ってみたいと思っていた。なかでも一番やりたかったのは、鴨居に頭をぶつけるシーン。この映画では何度も頭をぶつけてもらっています(笑)」と、本作の撮影をふり返って語る。

確かに“鴨居に頭ゴチン”は、東出さんのような“長身キャラ”ならでは。また、監督は、鍋から直接ラーメンを食べた後に、ティッシュで口をぬぐう仕草のどうしようもないヘタレ感や、オジサンの日下にアッパーをくらうシーンもお気に入りなのだとか。さらに、コンビニのシーンで東出さんは白目を披露しており、“白目”キャラクターがよく登場する豊島監督作品の中でも「ベスト・オブ・白目です(笑)」と太鼓判を押している。

東出さんがまさに新境地に挑み、体当たりで演じきった等身大のヒーロー!? 見事なダメさ加減やヘタレっぷりを見せつつも、窪田さんや小松さん、片岡さんら仲間との絆を強めながら成長していく姿は必見といえそうだ。

『ヒーローマニア-生活-』は5月7日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top