広瀬すず&野村周平&真剣佑、道頓堀をジャック! 「ほんまにおおきに!」

今月19日(土)より、前編である『上の句』が公開中の『ちはやふる』。公開を記念して各県でイベントが行われてきたが

最新ニュース
真剣佑、広瀬すず、野村周平/『ちはやふる』からくれなゐイベント in 大阪
  • 真剣佑、広瀬すず、野村周平/『ちはやふる』からくれなゐイベント in 大阪
  • 真剣佑、広瀬すず、野村周平/『ちはやふる』からくれなゐイベント in 大阪
  • 真剣佑、広瀬すず、野村周平/『ちはやふる』からくれなゐイベント in 大阪
今月19日より、前編である『上の句』が公開中の『ちはやふる』。公開を記念して各県でイベントが行われてきたが、本日30日(水)、大阪にて開催されたイベントに広瀬すず、野村周平、真剣佑が参加し、道頓堀が歓喜の渦に包まれた。

“競技かるた”でいつも遊んでいた幼なじみの千早(広瀬さん)、太一(野村さん)、新(真剣佑さん)の3人。高校生になった千早は、再開した太一と共に“競技かるた部”を作り、全国大会を目指していた。「全国大会に行けば、新たに会えるかもしれない!」。千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部の一員になる太一。千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の眩しいほどにまっすぐな想いと情熱が交差する、熱い夏が来る――。

原作は、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生たちの友情・恋愛・成長を、瑞々しくも熱い青春模様として描き、累計発行部数1,600万部を超える末次由紀の同名コミックス。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で等身大の若者たちを活き活きと描いた小泉徳宏がメガホンを握り、キャストには、主人公・綾瀬千早を演じる広瀬さんをはじめ、野村さん、真剣佑さん、上白石萌音、松岡茉優などいま旬のキャストが勢揃いしている。

公開初日に、広瀬さんの人生で初めてとなる全国での映画PRキャンペーンの実施が発表され、すでに福岡、広島を訪れてきたが、その一環として、このたび大阪・道頓堀にて“『ちはやふる』からくれなゐイベント in 大阪”が開催された。本イベントには、主演の広瀬さんをはじめ、野村さん、真剣佑さんも参加し、道頓堀川・えびす橋近くに集まった人々を前に映画の魅力をアピール。道頓堀に3人が登場したのは実はサプライズで、イベント開始2時間前に会場を告知した結果、約1万人が集まり、道頓堀川で行われたイベントとしては過去最大級となった。

タイトル『ちはやふる』でもおなじみの「ちはやふる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」のうたにちなみ、川沿いに集まった赤いうちわを持つ大勢のファンで、まさに真っ赤に染まった道頓堀川。そのファンが待つえびす橋近くに、真っ赤な船に乗った3人が登場すると、会場は大歓声に包まれた。まず広瀬さんが「大阪のみなさん、すずやでー! 今日はこんなに大勢の方が来てくれて、ほんまにおおきに!」と挨拶すると、続けて野村さんと真剣佑さんも「みんな、おはような! 今日は楽しんでいこーな。ありがとう!」(野村さん)、「皆さま、ほんまにおおきに!」(真剣佑さん)と挨拶。すると会場のファンは大喜び! そして広瀬さんが、兵庫県出身の野村さんに関西弁を教わりながら「大阪のみんな、好きやで!」と言うと、会場のボルテージは最高潮に達した。

また、お互いの印象を聞かれると、広瀬さんは「周平君は、すごく面白いのに、いざというときは頼りになる。マッケンは、自然な天然だけど、男らしい」と話し、「すずは、かわいいし、天真爛漫な性格で、お芝居も上手で全部好き。彼女がいるだけで現場が盛り上がるので、いてくれるだけで助かる。マッケンは、かっこいいし、仕事に対しストイックだし、完璧すぎ」と野村さん、さらに真剣佑さんも「すずちゃんは、頑張り屋さんで熱心で、千早と同じでまっすぐで素直な子。ノム先輩は、一見クールに見えますが、すごく優しい」と互いにベタ褒めするなど、仲の良さを見せつけていた。

広瀬さんは、関西でのイベントは今回が初めてということで、「初めてがまさかこんな(たくさんの)みなさんの前でやるなんて思ってなかったので、どうしたらいいんだろう!? 戸惑ってます。大阪でこんな盛大に『ちはやふる』のイベントをして下さり、ありがとうございます。すごく幸せです」と興奮した様子で話し、また「(ここに)同世代の方が多いと思うのですが、いましか好きなものに一途になれない思いや、いま出会った仲間を、本当に楽しんで大事にしてもらいたいという思いが、『ちはやふる』でみなさんに届けばいいな、と思います。大阪、めっちゃサイコー!」と感激しきりの様子だった。

『ちはやふる -上の句-』は全国にて公開中。
『ちはやふる -下の句-』は4月29日(金・祝)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top