33歳のヘンリー・カビル、交際から1年経たずして13歳年下の彼女と破局

『マン・オブ・スティール』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でスーパーマンを演じているヘンリー・カヴィルが、13歳年下の彼女と破局したと「The Sun」誌が伝えた。

最新ニュース
ヘンリー・カビル -(C) Getty Images
  • ヘンリー・カビル -(C) Getty Images
  • ヘンリー・カビル -(C) Getty Images
  • ヘンリー・カビル -(C) Getty Images
『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でスーパーマンを演じているヘンリー・カビルが、13歳年下の彼女と破局したと「The Sun」誌が伝えた。

2015年にナイトクラブで出会ったというヘンリーと当時19歳の学生だったタラ・キングが、カップルとして初めて公に姿を現したのは昨年10月のこと。「年齢差がありすぎ!」「相手はまだ“ティーン”なのよ!」とヘンリーを非難する声もあったが、2人は気にすることなく恋愛関係を続行。

今年2月には「ELLE」誌に「彼女は年齢の割に大人っぽいんだ。僕だって19歳のときに32歳の女性と付き合ったことがあるし」とヘンリーは言い訳しつつ“年齢差カップル”への理解を求めていた。3月には主演映画のプレミアに自身の母、タラと3人で出席するなど順調交際をうかがわせていたが、1年経たずしての破局となってしまった。

ヘンリーは別れた後も「友だちでいられる」と言っており、つい最近開いた自身の33歳の誕生日パーティーにもタラさんを招待。タラさんも参加はしたものの、「突然の破局にひどく動揺している。ヘンリーは運命の人だったのに」と友人に話していることから、別れを告げたのはヘンリー側ではと見られる。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top