【USJ】大使・松岡修造が500名の親子とびしょ濡れ!「15周年夏開幕宣言イベント」開催

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは20日、「15周年夏開幕宣言イベント」が開催され、パークのシンボルである「オリンピック・ゲート」前の特設ステージに15周年RE-BORN(リ・ボーン)大使の松岡修造が登壇! 

最新ニュース レポート
「15周年夏開幕宣言イベント」
  • 「15周年夏開幕宣言イベント」
  • 「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」
  • 「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」
  • 「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」ミニオン
  • ミニオン“水かけ祭り”
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは20日、「15周年夏開幕宣言イベント」が開催され、パークのシンボルである「オリンピック・ゲート」前の特設ステージに15周年RE-BORN(リ・ボーン)大使の松岡修造が登壇! 特別招待の約500名の親子ゲストとウォーター・シューター(=水鉄砲)で水を撃ちあい、ひと足早く“やり過ぎの夏”を存分に体験した。

7月1日(金)にスタートする15周年の夏イベントスタートを前にして松岡さんは、「オリンピックイヤーだからこそ、なお一層、日本中の親子に絆を深めて輝いてほしい」と願いを込め、メッセージを強く発信。そして日本中の家族に向けても、「親が本気でやり過ぎると、子どもたちもRE-BORN(リ・ボーン)できる。いま、日本中の家族に必要なのは、RE-BORNだ。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで心の底から世界最高にRE-BORN(リ・ボーン)して、家族みんなで修造リ・ボーンしてほしい」と修造節全開でパワフルに訴えた。

セレモニーでは特別招待の約500名の親子ゲストが、松岡さんとウォーター・シューター(=水鉄砲)で水を撃ちあい、大量の水が空高く舞い上がって降り注ぐ「ウォーター・キャノン」や、大量の水が降りかかる「RE-BORN(リ・ボーン)・ストリート」をはじめとした“やり過ぎ”演出の数々でびしょ濡れになりながら、RE-BORN(リ・ボーン)を体感した。

また、セレモニー冒頭では、“やり過ぎの夏”のエンターテイメント・プログラムを一挙に発表。世界に誇る少年マンガ誌をハイクオリティーのアトラクションとして再現する「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」を初開催することをはじめ、爆発的人気を集めた「妖怪ウォッチ」が2大アトラクションをはじめ、パークまるごとで“リアル”な妖怪ウォッチの世界を満喫できる一大イベント「ユニバーサル・妖怪ウォッチ・フェスティバル」にスケールアップして登場することや、ミニオンがはちゃめちゃを繰り広げる夏恒例“水かけ祭り”「ウォーター・RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・パーティ」や「ミニオン・クールタイム!」など15周年の“やり過ぎ”要素満載の夏ならではのコンテンツが登場するという。

(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社 (C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C) L5/YWP・TX

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top