三鷹の森ジブリ美術館、宮崎駿監修「猫バスにのって ジブリの森へ」休館明けに開催

現在、改修工事のため長期休館中の「三鷹の森ジブリ美術館」。このほど、リニューアル明けの7月16日(土)より、宮崎駿監督が企画・監修した新展示「猫バスにのって ジブリの森へ」をスタートさせることになった。

最新ニュース
現在、改修工事のため長期休館中の「三鷹の森ジブリ美術館」。このほど、リニューアル明けの7月16日(土)より、宮崎駿監督が企画・監修した新展示「猫バスにのって ジブリの森へ」をスタートさせることになった。

これまで、2001年の「千と千尋の神隠し展」を皮切りに、2005年「アルプスの少女ハイジ展」、2009年「崖の上のポニョ展」、2011年「ねこバスから見た風景展」など、“アニメーションに関する作り手の思い”を紹介した展覧会を開催してきた「三鷹の森ジブリ美術館」。また、2002年には「天空の城ラピュタと空想科学の機械達展」、2007年「3びきのくま展」、2014年「クルミわり人形とネズミの王さま展」など、映画を生み出す“発想の種”に焦点をあてた展覧会も行い、つねにアニメーションの新たな見方に気づかされるような展示で大好評を博してきた。

現在、館内各所の設備を更新し、外壁を色鮮やかに塗り直すなど、建物の化粧直し中だが、今年の夏休みには「猫バスにのって ジブリの森へ」として、「企画展示のこれまで」を一堂に集めて紹介。宮崎監督の企画・監修のもと、これまでの展示物に新たにアレンジを加え、コラージュ風に展示室いっぱいに展示。大きな大きな“3びきのくま”や、大人も乗れる猫バスなど、復活の声が多く寄せられた展示物が再登場するとあり、新たな装いととともに、この15年がぎゅっと濃縮されたジブリの世界を堪能することができそうだ。

入場チケットはすべて日時指定の事前予約制となっており、従来の一般販売は、毎月10日に翌月分のチケットをローソンにて日にち&入場時間別に選択して購入するというもの。なお、5月25日(水)より、7月、8月の夏休みシーズンチケットの “先行抽選販売”を実施。この時期は「チケットが取れない」という意見が相次ぐ一方、転売目的によるチケット購入事例も見られていたが、昨年初めて実施した際に一定の効果が得られた日時指定の予約チケット(入場引換券)の先行抽選販売を本年も導入。また、7月入場分より、すべてのチケットに購入者の名前を印字。入場時には、チケット購入者の本人確認を行う場合もあるという。

「猫バスにのって ジブリの森へ」は7月16日(土)~ 2017年5月まで開催予定。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top