エリー・ゴールディング、『ブリジット・ジョーンズ』最新作に楽曲を提供

『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ第3弾『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』にエリー・ゴールディングが楽曲を提供していることがわかった。

最新ニュース
エリー・ゴールディング-(C)Getty Images
  • エリー・ゴールディング-(C)Getty Images
  • エリー・ゴールディング-(C)Getty Images
  • エリー・ゴールディング-(C)Getty Images
  • エリー・ゴールディング-(C)Getty Images
『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ第3弾『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』にエリー・ゴールディングが楽曲を提供していることがわかった。

「Hello!」誌などによると、タイトルは「Still Falling For You」(まだあなたのことが大好き)で、まさに『ブリジット・ジョーンズ』シリーズにぴったりな“ロマンティックバラード”だそうだ。

すでにミュージックビデオも撮り終わっており、イギリスでの9月の映画公開に先駆け、今種金曜日(現地時間)にリリースが決定している。先日エリーがSNSで公開したほんの数秒の動画がミュージックビデオの一部と見られる。

エリーが映画に楽曲を提供するのはこれが初めてではなく、昨年『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサントラに書き下ろした「Love Me Like You Do」は世界的に大ヒットを記録。ゴールデン・グローブ賞の主題歌賞にノミネートされる快挙を遂げた。また、2014年製作の『ダイバージェント』の主題曲「Beating Heart」も担当。

今年初め、「曲作りは続けるけど、しばらくの間スポットライトから遠ざりたいな」と語り、先月は極度の疲労によりフェスでのパフォーマンスをキャンセルしたエリー。そんな彼女からの新作リリースはファンにとってうれしいサプライズプレゼントになることだろう。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top