テイラー・スウィフト、VMA欠席の理由は陪審員候補になったから

テイラー・スウィフトは28日(現地時間)開催のMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)を欠席したが、その理由は陪審員の候補者になっていたからだった。

最新ニュース
テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト - (C) Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
  • テイラー・スウィフト-(C)Getty Images
テイラー・スウィフトは28日(現地時間)開催のMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)を欠席したが、その理由は陪審員の候補者になっていたからだった。

ニューヨークで行われたアメリカの音楽業界最大のイベントの1つを欠席したのは、もしかして犬猿の仲のカニエ・ウェスト&キム・カーダシアン夫妻と顔を合わせたくなかったから? と憶測が出ていたが、テイラーは国民の義務として地元のテネシー州で裁判所に赴いていた。

陪審員の候補は無作為に選ばれ、その中からさらに12人が選ばれて法廷に臨むが、テイラーはその12人の1人には選ばれなかったという。だが、同じように召喚されて集まった一般市民は思いがけない偶然に大喜び。テイラーも気さくにツーショット撮影に応じ、彼らがTwitterなどSNSに画像を投稿したことから、VMA欠席の理由が判明した。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top