マット・スミス、「ザ・クラウン」撮影現場で死ぬかと思う恐怖を味わう

本日よりNetflixで全世界同時配信。25歳の若さで即位したエリザベス女王の激動の人生を描いたドラマ「ザ・クラウン」で、エディンバラ公フィリップ王配を演じるマット・スミスが撮影中の危険なアクシデントについて語った。

最新ニュース ゴシップ
マット・スミス-(C)Getty Images
  • マット・スミス-(C)Getty Images
  • マット・スミス - (C) Getty Images
  • マット・スミス-(C)Getty Images
  • マット・スミス-(C)Getty Images
  • マット・スミス-(C)Getty Images


同ドラマでエリザベス女王を演じているクレア・フォイと共に、グレアム・ノートンが司会を務めるトーク番組に出演したマット。2人が南アフリカで、女王と夫フィリップのロマンティックなシーンを撮影するというときに事件は起きたという。

「ちょっと元気の良すぎる馬でね。僕たちは馬に乗って、小走りで駆ける素敵なシーンを撮るはずだったんだ」。しかし、マットが馬に乗ってゆっくりと走らせていると、急に馬がものすごい勢いで走り出し、マットには制御できない状態になってしまったそうだ。必死に過ぎ行く枝をつかもうともがくも、馬は渓谷へと下っていく。「シマウマの群れに全速力で突っ込んでいく…っていうときに、ものすごい大きな男の人が手綱を引っ張って止めてくれて、僕の命を救ってくれたんだ」とふり返り、胸をなでおろした。

マットは4月に、クレアも彼もどちらも乗馬が得意でないことを明かし、「カメラが回っていないときにヘルメットを着用せずに馬に乗ったら、暴走して首を折るところだった!」と語っていた。今回、この件について詳細を語ったとみられる。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top