福山雅治×OKAMOTO’Sのセッション! 二階堂ふみも熱唱 「ウタフクヤマ」放送決定

福山雅治と豪華常連客たちによる、歌とお酒を交えた大人のトークを繰り広げる「ウタフクヤマ」が、この度、12月9日(金)に3回目の放送が決定した。

最新ニュース スクープ
「ウタフクヤマ」
  • 「ウタフクヤマ」
  • 「ウタフクヤマ」
  • 「ウタフクヤマ」
  • 「ウタフクヤマ」
福山雅治と豪華常連客たちによる、歌とお酒を交えた大人のトークを繰り広げる「ウタフクヤマ」が、この度、12月9日(金)に3回目の放送が決定した。

昨年10月に放送された第1回目と今年3月の第2回目放送に続き、3回目となる収録を終えた福山さんは、今回ついに「まとまりが出てきた」と語り、収録に手応えを感じた様子。前回からママとして参加している蒼井優は「もっと緊張するかと思っていたのにとても楽しかった」とふり返り、今回の収録を楽しみながら終えていたよう。

今回ゲストには、豪華な面々が集結! まず実は福山さんとデビュー同期である「BEGIN」の比嘉栄昇が登場。デビューした日まで同じという2人。「よく練習していたスタジオも同じだった」と福山さんは懐かしんでいた。そんな比嘉さんが今回の収録の起爆剤となることが多く、出身地・石垣島に住む島のおじい、おばあたちの驚くべき逸話を紹介するなどバーは大いに盛り上がった。「島」トークは小室哲哉にも影響し、収録合間に小室さんが作詞した歌も「島」がテーマ。今回小室さんは、島に住む男性の気持ちや、島を訪れる女性たち、東京への思いなどをテーマに作詞。福山さんもまた「島」のイメージで早速歌詞に曲をつけていき、驚くべきスピードで名曲がこのスタジオで誕生することに。

さらに「OKAMOTO’S」のオカモトレイジ、ハマ・オカモトも番組初登場! 福山さんは「僕はフェス派ではないので、年下のバンドとセッションをしたことがほとんどないのでうれしかったですね」と喜ぶ。また、当日その場で生まれたばかりの新曲に早速レイジさんはドラムで、ハマさんはベースで参加。「自分たちが若い時、こんなに楽器うまくなかった。逆にもっとがんばらなきゃいけないと思わせてもらえる」と福山さんは2人を大いに歓迎した。

そして女優の二階堂ふみも出演。歌うのが大好きという二階堂さんに「ここで歌うとすれば?」と尋ねると返ってきたのは「Elvis(Presley)の“Can’t help falling in love”」と意外な答えが。早速セッションが始まると「存在自体が“サービス精神”」と福山さんも賛辞を送ったほど、二階堂さんのサービス精神とリリー・フランキーによる演出が予想外の展開をもたらす! 

収録を終えたリリーさんは「『ウタフクヤマ』の収録があると、自分の中で今年の“締め”のような感覚になるので、ぜひ視聴者の方にもそんな風に思っていただけたら」とコメント。来年を見据え、福山さんは「2017年も『ウタフクヤマ』をできたらと思います。普段の表現活動をしっかりしてないと、皆さんとこの場で楽しく番組作りできないので」と語った。

「ウタフクヤマ」は12月9日(金)23時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top