向井理、主演作『RANMARU 神の舌を持つ男』に自虐 「本当に映画化するのかなと…」

俳優の向井理が12月3日(土)、都内で行われた主演作『RANMARU 神の舌を持つ男』の初日舞台挨拶に登壇。「本当に映画化するのかなと…」「いまも完全には理解していない」「分からない人も多いと思う」「初日が来るのが不思議」と自虐的なトークで、客席の笑いを誘った…

最新ニュース
俳優の向井理が12月3日(土)、都内で行われた主演作『RANMARU 神の舌を持つ男』の初日舞台挨拶に登壇。「本当に映画化するのかなと…」「いまも完全には理解していない」「分からない人も多いと思う」「初日が来るのが不思議」と自虐的なトークで、客席の笑いを誘った。

7月期放送のドラマ「神の舌を持つ男」の劇場版。“絶対舌感”という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸(向井さん)が、「子殺しの温泉」という悪評がある村の温泉を舞台に、次々巻き起こる不吉な事件の真相を探る。

上映を見終えた観客に向けて、向井さんは開口一番「皆さん、理解できましたでしょうか?」と不安そうな表情。劇中ではフンドシ姿で自転車をこぐシーンもあり、「朝6時から、フンドシ一丁でチャリンコですから…。今後、金輪際やらないです!」と決意を新たにしていた。

初日舞台挨拶には向井さんをはじめ、共演する木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が勢ぞろい。佐藤さんは「いやー、神ってる、神ってる、神ってる」と今年の新語・流行語大賞に輝いたフレーズをノープランで連呼し、「いまも壮大なドッキリなんじゃないかと思っている」と向井さん同様、本作の公開に半信半疑。一方、木村文乃さんは「応援してくださる皆さんあっての映画」とファンに感謝を示していた。

また、堤監督は「これですべてのお客さんが集まりきっちゃった状態なら、どうしよう…」と満員の座席にも不安を隠しきれない様子。それでも「思いのたけをぶつけた作品。『意外とイケる』とクチコミしていただければ…」とアピールしていた。

『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top