【シネマ羅針盤】新たなる興奮に備えよ!チームの絆がアツすぎる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

世界中で旋風を巻き起こした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がファンの待ち望んだものすべてを詰め込んだ「最高」な一作だったすれば、シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』…

最新ニュース

「元帝国軍の警備ドロイド」K-2SO(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 「元帝国軍の警備ドロイド」K-2SO(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • ダース・ベイダー/『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)Lucasfilm 2016
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』本ポスター(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • ディエゴ・ルナ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C) Lucasfilm 2016
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)Lucasfilm 2016
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C) Lucasfilm 2016
  • 「フォースを信じる武術マスター」チアルート・イムウェ  (ドニー・イェン)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
世界中で旋風を巻き起こした『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がファンの待ち望んだものすべてを詰め込んだ「最高」な一作だったすれば、シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は外伝ならではの、新たなる興奮に満ちあふれた傑作だ。

『ローグ・ワン』の何が新しいのか、といえば「なぜ人は戦うのか?」という根源的テーマをグッと掘り下げ、1つの答えを提示したことだ(どんな答えか、それは映画を観てのお楽しみ)。帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を奪うために結成された「ローグ・ワン」がそのまま題名になった通り、主人公はあくまでチーム。主要キャラに加えて、名もなき登場人物たちがこれほど活躍する「スター・ウォーズ」映画は、かつてなかったはずだ。

そこには言語や宗教、生まれ育った環境の違いはあれど、同じ目的を共有することで、不可能を可能にできるという、混迷の時代を生きる現代人に向けたパワフルなメッセージが刻まれている。揺るぎない信念、そして絶対的な信頼。この2つの要素がガチっと手を組んだ、チームの絆がアツすぎる! さらに、主人公ジン・アーソと父親が繰り広げる愛憎が、「スター・ウォーズ」シリーズ最大の魅力である家族愛を受け継いでいる点も胸アツ。

そもそもオープニングからして、ちょっと驚きなのだが、舞台となる惑星や施設の名称が、英語表記でスクリーンに映し出されるなど、「スター・ウォーズ」映画にとっては目新しい演出も。もちろん、原点である『エピソード4/新たなる希望』への敬意とオマージュも満載で(青いミルク!)、ファンはニヤニヤせずにはいられないが、その直前の戦いを描いた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を楽しむために、予備知識は一切不要だ。

というよりも、「スター・ウォーズはここから始まる」と断言していいほど、本作は独立した作品として、高い完成度を誇っている。もしも初めて「スター・ウォーズ」映画に触れるのなら、これ以上に最適な機会はない。ちょっと大げさに言えば、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の続編が、『エピソード4/新たなる希望』なのだ。戦争映画としても見応えがあり、ジョージ・ルーカスが絶賛しているという報道もうなずける話である。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全国にて公開。
《text:Ryo Uchida》

関連ニュース

特集

page top