天海祐希、阿部寛との“夫婦共演”に歓喜「大きいっていいな」

最新ニュース

阿部寛、天海祐希/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 阿部寛、天海祐希/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 相武紗季、菅野美穂、阿部寛、天海祐希、富司純子、遊川和彦監督/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 相武紗季、菅野美穂、阿部寛、天海祐希、富司純子、遊川和彦監督/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 阿部寛/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 遊川和彦監督/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 相武紗季、菅野美穂、阿部寛、天海祐希、富司純子、遊川和彦監督/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 富司純子/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
  • 相武紗季/映画『恋妻家宮本』完成披露舞台挨拶
映画『恋妻家宮本』の完成披露舞台挨拶が12月14日(水)、都内にて開催され、阿部寛、天海祐希らが登壇。初の夫婦役を演じた阿部さんと天海さんがお互いの印象を語った。

同作は、子どもが巣立ち2人きりになった宮本夫婦で、ある日、妻が隠していた離婚届を見つけてしまうことから始まる、おかしくも愛おしい夫婦の物語。

阿部さんは「天海さんとはスポーツクラブでよくお会いするのですが、ちゃんとお芝居をしたことがなかったのです」と明かした。「満を持して(監督の)遊川さんの作品でこうやって一緒にやれるというのは本当に嬉しかったです」と夫婦役の共演に歓喜したことを述懐。実際に演じてみて、「天海さんの目を見ているだけで、引き込まれると言いますか、心が見えてくる、そういう体験を映画の後半でしました」とふり返った。「僕が言うのもおこがましいけど」としたうえで、約20年前に宝塚歌劇団を退団して女優活動を始めたばかりのころの天海さんから「すごく色々なことが積み重なったのだな」と感じたそう。

一方、そんな阿部さんとの共演を、天海さんは「楽しかったですよ」とにっこり。「大きいっていいなと思って。眼の前にハンサムな顔があるのはすごくすてきな経験でした」と軽快なトークで笑いを誘った。

イベントには、夫婦役の2人のほか、菅野美穂、相武紗季、富司純子、遊川和彦監督も出席した。

遊川監督は「現場で口を出す面倒くさい脚本家としていままでやってきましたけど、もともとは映画監督になりたくてこの世界に入りました」と告白。30数年前に母親から「お前、就職もしないでブラブラしているけど、どうするのだ」と尋ねられたときに、「映画監督になりたいのだ、俺は」と告げたエピソードを語った。母子家庭だったという遊川監督は、母親からあきれられると思っていたところ、「お前ならそういうことを言いかねないと思っていた」、「私がお前に与えられるのは自由だけだから好きにやりなさい」と母親から背中を押された思い出を、目を潤ませながら語った。

遊川監督が「もしタイムマシーンがあるなら、30何年前の母をいまこの瞬間に連れて来たいくらい、自分は嬉しくて、今日はめでたい日です」と語ると、会場から大きな拍手が贈られた。

『恋妻家宮本』は、2017年1月28日(土)より全国にて公開。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top