ジミー・キンメル、アカデミー賞司会のギャラを暴露

ジミー・キンメルはアカデミー賞式典の司会として1万5,000ドル(約180万円)のギャラをもらうそうだ。

最新ニュース ゴシップ
ジミー・キンメル-(C)Getty Images
  • ジミー・キンメル-(C)Getty Images
  • ジミー・キンメル
  • ジミー・キンメル-(C)Getty Images
  • ジミー・キンメル-(C)Getty Images
  • ジミー・キンメル -(C) Getty Images
ジミー・キンメルはアカデミー賞式典の司会として1万5,000ドル(約180万円)のギャラをもらうそうだ。

来年2月26日(現地時間)にロサンゼルスのドルビー・シアターで開かれるアカデミー賞式典の司会に抜擢されたジミーは、その思いのほか少額のギャラについて「たぶん無償っていうのは法に触れるんだろうね」と冗談を飛ばした。

その後ジミーはラジオ番組「ケヴィン&ビーン」の出演の場でギャラを暴露してよかったのか焦る様子も見えたものの、「こんなこと明かしていいのか分からないけどね。でもダメとは言われていないから、むこうのせいってことにしよう」と主催者側に責任を押し付けた。

そして自身がホストに選ばれたのは、アカデミー側が希望していたほかの人たちの都合がつかなかったからだとジョーク交じりに話している。「彼らは14人くらいに聞いて、みんな断ったから、僕に回ってきたわけさ。僕はとにかく驚いたね」。

その大役が発表されてからというもの、ジミーは控えめな姿勢を取ってきており、自身のトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」でそのニュースを明かした際には、その収録スタジオが式典会場となるドルビー・シアターに近いからだと言って笑いを取っていた。「プロデューサー陣とアカデミーはたくさんの名前が並んだリストに目を通したんだけど、最終的には式典会場のすぐそばにこの番組のためにもう僕はいるっていうことで、僕が司会をするのに一番近い人材だったってわけさ」。

今年度のアカデミー賞はクリス・ロックが司会を務めており、話題の渦中にあった同式典での多様性の欠如についてオープニングで触れ、ブラック・ライヴス・マターの運動について触れて式典の幕を閉じていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top