真っ白な心で恋をした少女が“観客賞”に!『真白の恋』公開決定

『あん』『淵に立つ』など、国内外から高い評価を受ける作品を送り出すエレファントハウスが配給する新作映画『真白の恋』が、2017年2月11日よりロケ地の富山にて先行公開、その後、全国にて順次公開することが

映画 邦画ニュース
『真白の恋』(C)sagan pictures
  • 『真白の恋』(C)sagan pictures
  • 『真白の恋』(C)sagan pictures
  • 『真白の恋』(C)sagan pictures
『あん』『淵に立つ』など、国内外から高い評価を受ける作品を送り出すエレファントハウスが配給する新作映画『真白の恋』が、2017年2月11日よりロケ地の富山にて先行公開、その後、全国にて順次公開することが決定。「第4回なら国際映画祭」インターナショナルコンペティション部門で観客賞を受賞した本作から、場面写真も解禁となった。

渋谷真白は、生まれてからこれまで家族と共に富山で暮らしている。真白には、ごく軽度の知的障がいがある。日常生活に支障はなく、現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン・油井景一に出会う。真白の生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真白は何を感じ、どう成長していくのか…。

“日本のヴェネチア”とうたわれるほどの絶景、自然豊かな富山県射水市を舞台に、ひとつの家族の“優しさ”と“葛藤”を描く本作。監督は冨樫森(『あの空をおぼえてる』『おしん』など)、呉美保(『そこのみにて光輝く』『きみはいい子』など)らのもとで助監督経験を積み、本作が初の長編作品となる坂本欣弘。脚本は軽度の知的障がいのある実弟をもつ北川亜矢子が手がけたオリジナル脚本。

軽度の知的障がいをかかえる女の子・渋谷真白には、舞台を中心に活躍し、三浦大輔の「愛の渦」フランス公演や福原充則・作「墓場、女子高生」などに出演してきた佐藤みゆきが映画初主演。真白が想いを寄せるカメラマン・油井景一には、シンガポールで活躍中のポスト“ディーン・フジオカ”との呼び声高い福地祐介。真白を大切に思うあまり、過保護になってしまう父を長谷川初範が演じる。

解禁された場面写真は、佐藤さん演じる真白と福地さん演じるカメラマン・油井の海辺での2ショットが。真白は兄の結婚式で訪れた神社で、撮影のために東京からやってきた油井と出会う。真白は地元住民だけが知っている絶景撮影スポットへ油井を案内する代わりに、カメラを教えてもらうことに。無邪気にカメラを構える真白と無邪気な真白につられて笑顔を見せる油井の2ショットは、撮影前日に奇跡的に降り積もった雪によって、より本作を象徴するような魅力的なシーンとなった。

また、12月5日に結婚したことを自らのブログで報告し、世間を賑わせた及川奈央が、真白の兄と結婚する美咲役を演じ、自身初となる白無垢姿を披露している。

富山県出身の坂本監督による富山オールロケで行った本作。真っ白な心で初めての恋をした少女と、彼女を大切に思う人たちの思い、温かさを、この冬に感じてみて。

『真白の恋』は2017年2月11日(土)より富山県にて先行公開、2月25日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top