中島裕翔、人生初のツリー点灯式でダジャレ「トークは転倒(てんとう)しないように」

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』をイメージした特大オリジナル“うるキュン”クリスマスツリーの点灯式が12月16日(金)、東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われ…

最新ニュース レポート
映画『僕らのごはんは明日で待ってる』をイメージした特大オリジナル“うるキュン”クリスマスツリーの点灯式が12月16日(金)、東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われ、主演を務める「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔、ヒロインを演じる新木優子が出席した。

瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説を映画化。無口な草食男子の高校生・葉山亮太(中島さん)と、同じクラスの女子生徒・上村小春(新木さん)はファーストフード店やファミレスで食事をしながら愛を育み、いつか白いごはんを食卓で一緒に囲む日を夢見るが、ある日突然、小春が別れを切り出す…。“食”が結びつけた7年越しの二人の恋の運命は?

中島さんはサンタの帽子、新木さんはトナカイのカチューシャを身に着け、一足早いクリスマス気分。中島さんにとっては、この日が人生初めてのツリー点灯式だといい、「緊張しますが、しっかり点灯して、トークは転倒しないようにしたい」と“てんとう”をかぶせたダジャレを披露し、駆けつけた女性ファンの笑いを誘った。

クリスマスの思い出を聞かれると、中島さんは「子どもの頃に頼んでいたのと違うおもちゃが届いてしまって…。そしたら、英語で書かれたおわびの手紙が届いて、『本当にサンタさんっているんだなあ』と不思議な気持ちになった」としみじみ。新木さんは「当時すごく流行っていて、全然手に入らなかった“たまごっち”を、サンタさんが届けてくれた」と幼少期の思い出を語った。

ちなみに理想のクリスマスの過ごし方は、「普通に家族と過ごして、ごはんを食べたい」(中島さん)、「友だちと楽しくワイワイ過ごせたら。今年はカラオケに行く予定なので、覚えた“恋ダンス”を踊りたい」(新木さん)と話していた。

『僕らのごはんは明日で待ってる』は2017年1月7日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top