吉祥寺に新たな映画館「ココロヲ・動かす・映画館○」登場!カフェやVRスペースも

吉祥寺に2017年初春、映画を通して“出会える場”をコンセプトにした映画館&カフェ「ココロヲ・動かす・映画館○」がオープン。台湾の大ヒット映画『私の少女時代 -Our Times-』、東京国際映画祭の受賞作などを上映する予定だ。

最新ニュース
「ココロヲ・動かす・映画館○」(劇場イメージ)
  • 「ココロヲ・動かす・映画館○」(劇場イメージ)
  • 「ココロヲ・動かす・映画館○」(劇場イメージ)
吉祥寺に2017年初春、映画を通して“出会える場”をコンセプトにした映画館&カフェ「ココロヲ・動かす・映画館○」がオープン。台湾の大ヒット映画『私の少女時代 -Our Times-』、東京国際映画祭の受賞作などを上映する予定だ。

本劇場は、3階建ての建物に3スクリーンを有し、1階は一般的な映画館として約70席を完備。2階はカフェスタイルで飲食しながら映画やライブを楽しむことができる約70席、3階はVRシアターや映画に関連した展示やイベントを開催するスペースとなる。

ラインナップは、運営する「ココロヲ・動かす・映画社○」の配給作品をはじめ、ロードショー作品も多数予定。配給作品では、現在公開中の台湾映画『私の少女時代 -Our Times-』、2015年の東京国際映画祭でグランプリ&最優秀女優賞を受賞したブラジル映画『ニーゼと光のアトリエ』。2017年には、「ダウントン・アビー」のジェシカ・ブラウン・フィンドレイや「SHERLOCK/シャーロック」のアンドリュー・スコット出演の英国映画『マイ ビューティフル ガーデン』、『十戒』『鳥』などに携わってきた夫婦のドキュメンタリー『Harold and Lillian: A Hollywood Love Story』(原題)、フランス映画『Courted』(原題)などの公開が決定。今年の東京国際映画祭で観客賞と最優秀男優賞を獲得し、話題を呼んだフィリピン映画『ダイ・ビューティフル』の配給権も獲得している。

設備は、10月に閉館した「広島シネツイン」の35mmフィルム用上映機器とDCPをもらい受けて使用。「広島シネツイン」で座り心地がいいと評判だった両肘かけつきシートを設置する。また、料金体系には課金制を導入。映画開始30分までは無料、1時間以内800円、以降は1,500円というシステムとなる。

吉祥寺の“ホームタウン・シアター”となるべく注目を集めている新たな映画館は、Facebookで「いいね」を押した方に劇場情報やオープン後の事前予約サービスなどを行うという。部分的なプレオープンは1月末から2月に予定。

「ココロヲ・動かす・映画館○」は2017年初春、吉祥寺駅近くにオープン。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top