【予告編】右京の身に何かが起こる!50万人を狙うテロ…『相棒-劇場版IV-』

水谷豊演じるお馴染みの主人公・杉下右京の“相棒”を反町隆史が務め、劇場版に初参加する『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』。このほど、本作待望の予告編映像が解禁

映画
『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 『相棒-劇場版IV-』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 『相棒-劇場版IV-』(C)2017 「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 『相棒-劇場版IV-』(C)2017 「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
水谷豊演じるお馴染みの主人公・杉下右京の“相棒”を反町隆史が務め、劇場版に初参加する『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』。このほど、本作待望の予告編映像が解禁、謎に包まれていた物語の詳細が明らかになった。

7年前、英国で日本領事館関係者の凄惨な集団毒殺事件が起こり、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織「バーズ」によって誘拐された。しかし、当時の駐英大使と日本政府は“高度な政治的判断”によって、その誘拐事件を闇に葬る。それから7年、行方不明となっていた少女の身代金要求が、再び日本政府に突きつけられた。

首謀者とされる「バーズ」のリーダー=レイブンの意図は何なのか? なぜ、少女は7年間生かされていたのか? タイムリミットが迫る中、日本政府はバーズをテロ組織と断定、その要求を再び拒否する。すると、その身代金要求は世界を震撼させる無差別大量テロへと発展。狙われたのは50万人の見物客が集まる国際スポーツ競技大会の凱旋パレード。日本中が歓喜に包まれるパレードの真っ只中、ついに特命係は真犯人を追い詰める! その先には、70年前の“ある出来事”から始まる、あまりに切ない真実が待ち受けていた――。

これまで謎のベールに包まれてきたストーリーが、ついに明かされた本作。今回の予告編では、少女の誘拐事件を発端に、50万人を標的としたテロ事件へとスピード感あふれる展開を見せていく。

10歳の時に誘拐され行方不明となった少女・鷺沢瑛里佳(山口まゆ)、長年、国際犯罪組織「バーズ」を追い続けてきた国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウ(鹿賀丈史)、そして「バーズ」のリーダー、レイブンと思わしき男(北村一輝)が次々登場する中、警視庁総務部広報課課長・社美彌子(仲間由紀恵)が緊迫の言葉を発し、“元相棒”でもある神戸尊(及川光博)、降格した甲斐峯秋(石坂浩二)の姿も見える。

やがて、右京(水谷さん)による犯人への「あなたは生きてください」というメッセージへとつながっていく。果たして、右京が語りかける相手とはいったい誰なのか、なぜ犯人を守ろうとするのか…? 事件の謎解きだけで終わらない、その先の切ない真相が本編では解き明かされることになる。

そして、映像最後には右京の名を叫ぶ冠城亘(反町さん)の姿が…。右京の身に何が起こるのか、特命係に衝撃的なクライマックスが訪れることを予感させる予告編となっている。



『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』は2017年2月11日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top