櫻井翔、新春ドラマSPに強い思い入れ「自分にとって宝物ができた」

嵐の櫻井翔が12月20日(火)、都内で行われた新春ドラマスペシャル「君に捧げるエンブレム」の完成披露試写会に出席し、「僕らもスタッフも相当気合いが入っている。自分にとっても宝物ができたと思える作品」と強い思い入れを示した。

最新ニュース レポート
嵐の櫻井翔が12月20日(火)、都内で行われた新春ドラマスペシャル「君に捧げるエンブレム」の完成披露試写会に出席し、「僕らもスタッフも相当気合いが入っている。自分にとっても宝物ができたと思える作品」と強い思い入れを示した。

将来を有望視されたJリーガー鷹匠和也(櫻井さん)が、不慮の事故で命の次に大事な脚を失いながらも、車椅子バスケという新たなスポーツに出会い、愛する人のため、不屈の闘志で戦うヒューマン・ラブストーリー。実在の元パラリンピック選手をモデルに描く本作は、エキサイティングな車椅子バスケ競技の世界を、迫力ある映像で描いている。

「改めてスポーツの力ってすごいんだなと感じた」としみじみ語る櫻井さんは、「涙があふれる感動だけではなく、家族愛や友情、車椅子バスケのカッコ良さや魅力が詰まった作品になった」と手応えも十分。撮影を前に約1か月間、車椅子バスケの練習に費やし「プロの皆さんにはかないませんが、行けるところまで行こうとチーム一丸になって頑張った」とふり返った。

完成披露試写会には櫻井さんをはじめ、和也の婚約者で後に妻となる未希を演じる長澤まさみ、チームの得点王・向井大隼役の市原隼人、車椅子バスケ日本代表で不動のエース・神村錬役の安藤政信が登壇。また、モデルとなった京谷和幸氏と妻の陽子さんも駆けつけた。

櫻井さんと初共演し、夫婦役を演じる長澤さんは「運命なんじゃないかと思うほど、思い入れがあります。私の父親(元サッカー選手の長澤和明氏)もスポーツ選手なので、自分の両親に重ね合わせた」と思いは格別。市原さんは印象深いシーンを聞かれると、「試合の後に、車の中で和也と話すシーンは自分も号泣したし、翔くんも号泣していた」。この発言に、「意外と涙もろいですよね」(長澤さん)、「歳とったんだよ」(櫻井さん)と夫婦役ならではの丁々発止のやりとりが披露された。

新春ドラマスペシャル「君に捧げるエンブレム」は2017年1月3日(火)21時~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top